kuro score >>> cross core !!!

2019年度“私的”飲み屋ベスト10@広島

tavern2019.jpg

新店の当たり年だった2019年。
一年の半分を過ぎたあたりでも、今年はかなり多いなあと
思ってたのに、年末にかけてさらに開店速度が加速する
という例年にない展開。なので、今回はすべて新店から
選んでみました(移転含む)。新店以外の初訪店だと
あさ菜ゆう菜』や『幅屋』、『保広』も強く印象に残った。

1位:永山(えいざん)
東京で長らく修業された店主が、幟町でオープンさせた
日本料理店。シンプルかつモダンな美しい店内で
提供されるのは、お店の造りと同様、余分なものを排し
素材の良さをそのまま引き出そうとするシンプルな料理群。
愛媛の赤ウニや鱧、島根の甘鯛に広島牛など、修業先は
東京と言えど、地の食材を多用されており、ここ広島の地で
新たな一歩を踏み出そうという心意気を感じた。質だけではなく
ボリュームもあるので、お腹も心も満ち足りて帰れます。

2位:AKAI
宮島口の山沿いに立つ古民家をリノベーションした
レストラン。ベースはフランス料理でありながら
生牡蠣とじゅんさいを合わせた一品や、毛蟹とウニの
洋風茶碗蒸しなど、和のテイストを強く感じさせる品が
印象的。そんな初訪時も良かったんですが、よりシンプルに
優しい方向へ進化した再訪時のメニューは、さらに好みで
美味しかった。素材のバリエーションも増えており
これからどんどん変化していくのを楽しみにしています。

3位:八寸 松原
堀川町のビル5階にひっそり佇む日本料理店。
店名通りコースは八寸で始まり、繊細に盛り付けられた
酒肴でお酒をいただくのは至福の瞬間。数々の仕事を施し
手間をかけたお造りも、水と出汁にこだわったお椀も抜群だし
締めの土鍋炊きごはんに加え、最後は抹茶まで点ててもらえる
という隙のない構成でした。ただ、再訪時は楽しみにしてた
八寸がなくなってて、ちょっと寂しく思ったり。叶うなら
また八寸もコースに復活させてほしいなと思ってみたり。

4位:じ味 一歩
基町ショッピングセンターにできた和食屋さん。
このマニアックな立地には想像できないほどモダンで
お洒落なお店の造りに、まず驚かされる。そして
優しい味わいのお椀に、炭火を用いたお造り、しっとり
上品な焼物など、本格的で繊細な品々に再度驚かされる
という。あと、そうめん瓜やモロヘイヤ、花オクラに
コリンキーと、様々な野菜の使い方、組み合わせ方が絶妙。
野菜を味わいに、季節をかえて伺うのも楽しそうです。

5位:6eme(ロクエメ)
大手町の一角で、静かに瞬く照明が美しいビストロ。
店内も、カウンターからテーブル、チェア、小物に至るまで
いちいちモダンでセンスがいい。そのセンスはお皿の上でも
十分発揮され、食べるのが惜しくなるような美しい料理が
次々現れる。初訪時のカリフラワーのクリームやサーモン
ミキュイも良かったし、再訪時の牛肉のタルタル 牡蠣マヨや
鴨肉のローストも見た目だけでなく、味わいも抜群でした。
こだわりも密かに進化してるので、定期的に伺いたい。

6位:宮島口食堂 つむぐ
宮島口の住宅街の奥地に潜む和食屋さん。
今のところお昼営業のみで、定食中心なんだけど
この定食が素晴らしかった。ウドと分葱のぬたや
地物野菜のサラダ、山菜天ぷらと見た目も中身もきわめて
シンプルながら、とことん優しくて繊細で上品。特に
凝縮した旨みが溢れ出す、鶏つくねのスープ煮なんて
たまらない美味しさだった。あと、こちらでいただいた
塩炊き込み飯が、今年度の炊き込みごはんNo.1です。

7位:元念 瀬川
中町の『田心』や『はせべ』がある一角にできた
和食屋さん。基本、コース料理のみですが、金の鯖寿司に
始まり、八寸の旬盆に、仕事を施し薬味にまでこだわった
お造りと、お酒が進む料理が並ぶ。銘酒含む飲み放題付
コースだったので、うっかり飲みすぎたのは反省点(笑)
開店間もないのに、料理もサービスも安定してたのはさすが。

8位:pizza juicy
ナポリ・ピッツァの名店で修業された、ピッツァ&
薪窯料理のお店。色鮮やかで素材の味が濃い盛り合わせの
時点で既に美味しい予感がしてましたが、鯛や赤身肉の
窯焼きで火入れの巧みさを思い知り、一枚で様々な食感や
味わいが楽しめるピザでトドメを刺された。まさしく
ジューシーなピザは、手が止まらなくなる絶品でした。

9位:みこし鶴一
横川駅高架橋の耐震補強工事で、旧店舗から新しくなった
北口高架下の新店舗に移転した和食屋さん。手をかけた
お通しを見て期待が高まったけど、低温調理や細工を施した
お刺身に、ふんわり軽やかな天ぷら、そして超肉厚で
歯応えも旨みもたまらないイサキの塩焼きと、どれも期待を
裏切らないものばかり。横川で腰を据えて飲むなら、こちらです。

10位:典座
精進料理店での修業歴がある大将が、じぞう通りに
オープンさせた和食屋さん。ごま豆腐と、もりそばから
始まるコースは、意外性に満ちた構成。キウイのソースを
合わせたごまおからクリームコロッケや、鯛の日本酒
アクアパッツァ、ミント&カカオを合わせた薬味でいただく
鴨ロースと、基本は押さえつつ遊び心に富んでて楽しかった。

10位:ふじ香
新天地公園近くのビル4階で営業中の和食屋さん。
各地から取り揃えた素材を用いて、女性店主が手際よく
作り出す丁寧で優しい料理は、ほっこりできるものばかり。
その質、ボリュームに対し、値段もお手頃で嬉しい。
ただ、この12月からコース料金と内容は変更している
そうなので、予約時に確認してみてください。

【上記以外で今年行った飲み屋@広島(五十音順)】
INITY/アオババ/上ル/悪名/あさ菜ゆう菜/あふ/e-3/一本
上田や/魚寅/魚福/うちな~/噂のこの串かつあのおでん/おそ松
おゆき/かき忠ハウス/Katoya/Chameleon grill de espanala
川菜味/嬉一/岸本食堂/きっかわ/きまじめ/45 bis“あわ”/牛舞
ぎょうざ屋/京はし なが尾/玉扇/くるみ/Gator's Cajun Kitchen
源蔵/小倉屋/小太郎/権兵衛/再来軒/酒園/さむらい/山椒魚
四季や/citan/笑吉/昇月庵/しょうの屋/GIRINO/新京本店
深夜的中華食堂/すし亭/蕎麦きり吟/そらきゅう/そらや/太閤うどん
大黒屋/鯛めしBAR/立ち呑み福本屋/たつみ屋/たまがんぞう/たま季
玉の井/tam soup/CIBO/ちゅうかなやま/デンスケ/どーも/寅卯
ドラキチ/とり串/ナイス☆ユカリ/永山(ながやま)/流川餃子センター
西乃屋/日本酒バル丸/はちすけ/ぱどっく/幅屋/BUBBLES/はまもと
はる/はるのの/BIER LOVEN/BISOU/豚寅/フワトロ/BoCo/ほとり
ほのぼの横丁/BORRACHOS/まめひと/丸勝酒場/万作/満マル/水卜
三ツ星/みやゆう/やきとん宮ちゃん/安さん/保広/山徳/やまとら
山中酒店/山もと山もと/夕食家ほりかわ/柚子/米徳/Luv ODEN
Luv Wine/らんぷドゥージエム/RIVA/るつぼ/麗縁/wine cafe カワサキ
[カフェ・バー]
あかいはりねずみ/WOOT/N3/YEBISU BAR/Cafe Bar 196
Guddy/9689coffee/GOLDEN GARDEN/the Bluebird cafe
Shoebill/Slits/ビールスタンド重富/MON-TO.9

新店、名店、老舗店などなど、今年もいろんなお店に
楽しませてもらいました。どのお店も、長く続きますように。

2018年版ベスト10
2017年版ベスト10
2016年版ベスト10
2015年版ベスト10
2014年版ベスト10
2013年版ベスト10
2012年版ベスト10
2011年版ベスト10
2010年版ベスト10
2009年版ベスト10
2008年版ベスト10
2007年版ベスト10
2006年版ベスト10

Comments 2

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/12/27 (Fri) 23:45
  • REPLY
kuro  

そうなんですよねー。
他のジャンルはぐっとレベル上がってきてるのに、そこだけは
全国の大きな流れから広島は取り残されてる感はありますね。
東京できっちり修業された方のお店とかできたら嬉しいんだけどなあ。