c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

tsumugu1901.jpg

今年3月、宮島口のフェリー乗り場からほど近い
オーソレミオ』の裏手あたりにオープンしたお店。
現在は、基本的にお昼の営業のみですが、今後
落ち着いてきたら夜の営業を始める予定もあるとか。
長く細い路地を通ってたどり着く、古民家を改装した店舗は
こぢんまりとしたカウンター4席と、テーブル席で構成。
メニューは、料理数品と土鍋ごはんが並ぶ宮島口定食と
自家製カレーの2種。この日は、定食をお願いしました。
飲物は各種ノンアルコールの他、ビール、日本酒、ワインなど
揃っていたので、まずは生ビール(プレモル)。瓶ビールも
一番搾り、黒ラベル、ヱビスと、いい感じのラインナップ。

tsumugu1902.jpg

料理はお酒に合わせてか、まず先にウドと分葱のぬたと
穴子の薄造りを出していただきました。しゃきしゃき
爽やかなぬたは酸味もほどよく、好みの塩梅。真っ白で
見た目も美しい穴子は、しっとり上品な食感で、ほのかな
甘さが心地いい。わさびや茗荷も、いいアクセント。

まだお昼ですが、ここで早速日本酒へ。
メニューに載っていたのは白鴻、玉櫻、小笹屋竹鶴。
この中から「玉櫻」生もと純米 改良雄町を選択。
いい色合いをした熟成感のあるお酒で、お燗にしたら
映えそうな一杯。続く料理は、地物野菜と自家製麹。
カリフラワーや、ラディッシュ、黄人参、紅芯大根、
スナップエンドウ、サニーレタスなど新鮮で色鮮やかな
野菜を、まったり穏やかな味わいの麹でいただく
シンプルながら素材の良さが引き立つ一品。この麹は
それだけでも十分、いい酒のあてになります。

揚物は、今の季節にぴったりの山菜天ぷら。
みょうがたけ、こごみ、ウドの芽がかわいらしく並ぶ
この天ぷらは、クセもなくふんわり軽やかで、口に
入れたら立ちどころに消え去ってしまう感覚。お酒も
気づいたら消えてたので(笑)、白ワインを追加。
いただいた余市のオチガビワイナリー「Kerner」は
花のような華やかな香り漂う、綺麗な飲み心地。

tsumugu1903.jpg

料理の最後は、鶏つくねと新じゃがのスープ煮と
あなご茶碗蒸し。このつくねが、鶏と出汁の旨みを
ぎゅっと閉じ込めてて、一口頬張るとジューシーな
味わいが溢れ出す、たまらない美味しさ。新じゃがも
ほっくり旨い。茶碗蒸しはコクのある旨みがしっかりあって
食べ応えあり。上にのった穴子の香ばしさも印象的。

そして締めの土鍋ごはんは、筍とわらびの塩炊き込み飯。
筍とわらびの他、刻んだお揚げも入ったごはんは
味付け控えめで、あっさりシンプルな、とても優しい
仕上がり。ごはんの炊き方も、ほわっと穏やかだし
最後に木の芽の香りも漂ってきて、飽きることなく無限に
食べられる(笑)。おかわりも可能でしたよ。豆腐と
白ねぎの味噌汁も、このごはんに合っててよかったな。

ということで、素材を生かした優しい料理がいただける
素敵なお店でした。また近いうちに再訪したいし
いつか夜の営業が始まったら(早くても夏以降くらいかな)
ぜひ伺いたいです。あと、宮島口といえば今月中には
同じく古民家を改装したフレンチも開店するみたいだし
いつの間にかアメリカ南部のケイジャン料理店もできてたりと
何気にじわじわ盛り上がっていきそうで、今後が楽しみ。

■宮島口食堂 つむぐ/広島県廿日市市宮島口1-7-18[11:00~15:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1894-400ef3f6