c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

sakanaquarium1901.jpg

今年1月に行われたベストアルバムツアーに続き
新アルバム『834.194』を引っ提げたサカナクション
アリーナツアー@広島サンプラザホールに行ってきた。
といっても、新アルバムの発売は6月に延期されたので
厳密にはアルバムを引っ提げないアルバムツアーでした。
sakanaquarium1902.jpg

会場となるサンプラザホールは今回初めて入ったけど
グリーンアリーナより一回り以上小さくて、アリーナと
呼ぶにはややこぢんまりとした空間。でも、入場した時点で
深海のような暗闇に深く青いライトが交差する情景が
広がっており、サカナらしい世界観に一気に引き込まれた。

1階アリーナはオールスタンディング、2階は指定席構成で
もはや体力のない自分は迷うことなく指定席を確保(笑)
席に着いてみたら、これがまた見事にステージ真横のほぼ
見切れ席。映像演出でも、音響面でも、正面席がベストだとは
思うけど、距離的にはかなりステージに近かったので問題なし。

定刻から10分ほど過ぎて始まったライブは、ステージ全体を
覆う巨大な白い幕に一人映し出された一郎くんの弾き語りで
スタート。一番を歌い終えたあたりで、風景が流れていく
映像に差し替わり、さらにカウントアップしていく数字が
“834.194”になったところで幕が下りて、メンバー登場。
そのまま「アルクアラウンド」&「夜の踊り子」&「陽炎」と
冒頭から畳み掛けてくる展開。アリーナはうねるし、熱気が
一気に立ち込めてくるし、もう大変(笑)。前回のホールツアーが
静かな立ち上がりだったから油断してたわー。でも、こういうの楽しい。

中盤では再びステージを白幕で覆い、そこに映像を
映し出して進行。定番の街の風景やオイルアートもありつつ
「years」のシンプルで幾何学的な映像が印象に残った。
あと真横席からだと、幕上の映像とステージ後方の映像が
別れて見えてしまったんだけど、正面からはたぶん
その二つの映像が重なって見えたんだろうなあ。

続く新曲ゾーンでは、00年代頃の化粧品CMを思い起こす
軽やかで春らしい「忘れられないの」、ゆるダンサブルな
「マッチとピーナッツ(仮)」、ハードな曲調と炎の演出で
格好よくも思わず消防法は大丈夫か?と無駄にひやひやした
「蜃気楼(仮)」など次々披露。アルバムがどんな感じになるか
楽しみだなあ。そして、曲終わりにまたまた白幕で覆われた後
砂嵐のようなノイジーな音&映像が広がったかと思えば
嵐はいつの間にか大波へと姿を変え、再度、幕が開いたその
ステージには、DJセットが天高くリフトアップされているのだった…!

そこからは、お馴染みのラップトップ・スタイルで
煽りに煽り、アリーナもスタンドも一大ダンスフロアに。
否応なくテンション上がるし、踊れるし、一郎くんはずっと
笑顔だし、やっぱりこのDJスタイル好きだ。そこからの
「ミュージック」は鉄板の流れながら、今回はシャボン玉も
乱舞し、このあたりから観客も本格的に壊れていくことに(笑)
MVでも登場したスクールメイツ風のダンサーを大量動員した
「新宝島」に、全員で大合唱の「アイデンティティ」と
盛り上がりを重ねに重ねても、まだまだ曲が続き、いつまで
この最高の瞬間が続くんだと思わず天を見上げてしまった。
それでもいつか終わりは来るもので。本編最後は、ライブ冒頭で
演った「September」をバンド仕様でやり遂げて終了。

アンコールでは、今回のツアーコンセプトである
6.1chサラウンドを分かりやすく説明してくれたり
アルバムタイトル“834.194”の由来を教えてくれたり
(札幌時代のスタジオから、現在の東京のスタジオまでの
直線距離を指すらしい)、そのアルバム発売が延期に
なったことをお詫びしたりと、やや真面目な雰囲気で
ゆるいトークが聞けなかったのはちょっと心残りかも。でも、
楽曲はきっちり3曲披露してくれたよ。「『バッハの~』」映像が
シンプルにバッハの肖像画だったのは笑った。最後の最後は
「グッドバイ」とともに、白幕にスタッフのエンドロールを
流して終了。Perfumeのライブでもよくやってるけど
最近の流行りなのかしら。それはともかく、アリーナらしい
派手な演出の数々に、大ボリュームの楽曲群と大満足の
公演でした。次のライブもぜひアリーナでやってほしい。

sakanaquarium1903.jpg

<SAKANAQUARIUM 2019 “834.194” 6.1ch Sound Around Arena Session>
[4/14 sun.]open17:00/start18:00
@広島サンプラザホール/広島市西区商工センター3-1-1
September(弾き語り)
アルクアラウンド
夜の踊り子
陽炎
マイノリティ(新曲)
Aoi
さよならはエモーション
ユリイカ
years
ナイロンの糸
蓮の花
忘れられないの
マッチとピーナッツ(仮)(新曲)
蜃気楼(仮)(新曲)
INORI
moon
ミュージック
新宝島
アイデンティティ
多分、風。
September
[ENCORE]
『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
夜の東側
グッドバイ

sakanaquarium1904.jpg












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1883-3a7aa964