c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

cibo1901.jpg

薬研堀の雑居ビル2階に潜むイタリア料理酒場。
ライブ終わりに何軒か回ってみた中で、なんとか
カウンターに空席があったこちらに入れてもらいました。
全然関係ないですけど、CIBO(チーボ)と聞くと
どうしても、チボ・マットを思い出してしまう世代。
cibo1902.jpg

店内は、わずか3席のカウンターと数卓のテーブルで
構成されたこぢんまりとした空間で、昨年惜しくも
閉店された『ふうらい房』にどこか似た造り。まず
生ビール(黒ラベル)を頼んだ後は、黒板メニューから
タコと筍のマリネと、ホタルイカと菜の花の柚子胡椒マリネ。
野菜物を食べたくて勢いで選んでみたけど、よく考えたら
(考えなくても)マリネかぶってたなー。まあ、いいか。

筍にタコをのせたマリネは、見た目も味わいも
シンプルながら、筍がさくさく新鮮で歯応えよくて旨い。
一方、たっぷり菜の花の中にホタルイカが見え隠れする
マリネは、緑鮮やかで爽やかな菜の花とホタルイカの旨みが
軽やかに味わえる春らしい一皿。これは白ワインと相性良し。
ちなみにグラスワインは白がスペイン、赤がオーストラリア産でした。

cibo1903.jpg

メインはお肉物から、仔羊ロースト塩レモン添え。
鶏モモ肉のロースト ハラペーニョ入りトマトソースも
すごく気になったけど、春はやっぱり仔羊。クレソンや
玉ねぎが敷かれた上に盛り付けられた仔羊は、むちむちした
身にミルキーな甘みがぎゅっと詰まってて、クセになる
美味しさ。横に添えられた刻み塩レモンを加えると、その酸味と
ほのかな苦みがいいアクセントになって、さらに箸が止まらなくなる。

そして最後は、桜海老のガーリックオイル スパゲティ。
桜海老の芳しい香りと風味がふわっと立ち上る一皿で
ボリューム多く、やや柔らか仕上げながら、するすると
ひと息に食べさせる力強い旨さがあった。お値段は手頃だし
比較的遅い時間まで営業されているそうなので、気軽に
イタリアンを楽しみたくなった時にちょうどいいお店です。

■イタリア料理酒場 CIBO/広島市中区薬研堀1-15-2F[18:00~26:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1881-f0e3380b