c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

bisou1901.jpg

昨年も訪れた自然派ワインと地元食材の店『ビズー』。
ライブ会場の浄泉寺から近く、16時から営業しているので
ちょうどいいと思って、ライブ前に伺ってきました。
bisou1902.jpg

料理はタコとアボカドのすだちサラダ、ワインは
泡(カミッロ・ドナーティ マルヴァジア)からスタート。
タコとアボカドがたっぷり盛られたサラダは、軽く
すだちが香りつつも、控えめの味付けで優しい一皿。
瑞々しいタコが、むちむちで美味しい。これに合わせた
泡は、きりりとした発泡感と爽やかな果実味が心地よく
まだ明るい時間帯から飲む昼酒にぴったりでした。

bisou1903.jpg

続いては、豚とレンコンのタイスープ。豚とレンコン以外に
カシューナッツや赤たまねぎ、パクチー、レモンも入った
スパイシーなスープは、辛さと酸味のバランスが絶妙で
いつまでも飲み続けたくなるやつ。これ好きだなあ。ワインは
ジョージアの白というかアンバーワイン(ラガジ ムツヴァネ)。
深いオレンジの色合いが美しく、穏やかでとろり&しっとりと
舌の上を流れていく。野菜やパクチーの風味とも相性良かった。

bisou1905.jpg

ここまではばっちりな流れだったんですが、次に頼んだ
春菊のスパイスフリットが予想以上にボリューミーで
小さめのお皿の上で溢れんばかりにこんもりと積みあがって
登場。菜の花の苦みが、香ばしく軽やかな衣に包まれており
さくさくと食べられるんだけど、一人で食べるにはやっぱり
量が多めで結構お腹いっぱいに。ワインも足りなくなっちゃって
ライブ前だというのに、ついつい追加してしまう。熊本の赤
(キュヴェ玉名)は、落ち着いた綺麗な色味と酸味が特徴的。
ボージョレの赤(クリストフ・パカレ)は、華やかな香りと
クリアでフルーティな味わいがバランスよく、飲みやすかった。

bisou1904.jpg

と、調子乗ってワイン頼んでたら、フリット食べ終わった後も
少し残ってたので、最後にフムスとタコのケッパー煮込みを
ハーフで注文。まったりクリーミーなフムスにタコの食感と
ケッパーの風味がアクセントとなって加わり、ワインの
いいアテに。これ、最初に頼んだアボカドのサラダと一緒に
食べるとさらに良かったかもしれないなあとか考えつつ
さすがに食べ過ぎ&飲みすぎたので、ここでお会計。
やはり気軽にワインが楽しめるいいお店でしたが、数人で
訪れて、魅惑的な料理の数々をもっとがっつり楽しんでみたい
という思いも、あらためて強くなったりしました。

■BISOU/広島県尾道市久保2-5-24[16:00~23:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1877-fb3af78e