c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

cafeigel1.jpg

昨年、的場町にオープンしたカフェ『あかいはりねずみ』。
世界各地を旅してきた店主が作る朝食やカフェメニューには
様々な国の料理やスイーツ、コーヒー、お酒が並ぶ。普段は
17時で閉店だけど、不定期で夜にイベントを行われており
これまでにもドイツやトルコ、ウクライナ、ポーランド、チェコ、
さらには旧ソ連まで、店主が好きな国をテーマに実施。
そして今回、ギリシャをテーマとした『グリークな夜』開催。
ギリシア…いや、ギリシャと聞くたびに、あっち こっち
行ってきたので、今回もついつい向かってしまったのです。
cafeigel2.jpg

ワンプレートに盛り付けられて提供された料理は
アヴゴレモノ(たまご&レモン)スープ、グリークサラダ、
スブラキ(串焼き)、クルーリ(ごまパン)。レモンの
酸味がほんのりきいたアヴゴレモノスープは、たまごが
固まっていないため、さらりと飲める優しい味わい。
トマト、ピーマン、オリーブ、フェタチーズなどが混ざり合って
色鮮やかなグリークサラダも、味付けはシンプルに塩胡椒と
オリーブオイルくらいなのか、さっぱりと食べられた。
スブラキには、ヨーグルトやきゅうりでできたザジキソースを
たっぷりつけて。これまた、脂ののった豚肉を爽やかにしてくれる
一品で、ギリシャ料理って意外とあっさり上品なんだなあという印象に。

cafeigel3.jpg

さらに、焼き立てのムサカも大皿でどーんと登場。
自分が唯一知ってるギリシャ料理ですが、食べるのは初めて。
じゃがいも、茄子、ひき肉などをホワイトソースが包み込む
見た目濃厚な一皿。小皿に取り分けると、今にもとろーり
とけ出してきそうな塩梅で、ひとたび口に入れると
コクがありつつも、クリーミー&まろやかな旨みが口内に
広がっていく。これ好きだなあ。いくらでも食べられそうだし。

cafeigel4.jpg

この料理に合わせたのは、ギリシャのワイン&ウーゾ。
ワインは赤白ともに「Sclavus Alchymiste」。白は
やや香りが強めながら味はすっきり爽やか系。一方、赤は
濃い甘さと個性的な果実感があって、クセになる味わい。
そして、水を入れると白濁することでお馴染みウーゾ。
昔飲んだ時はアニスの香り&味が強烈で、正直苦手
だったけど、今回飲んでみたら意外なほど美味しく飲めた。
質のいいウーゾなのか、自分が大人になったのか(笑)
わからないけど、なんだかちょっと嬉しかったな。

そんな訳で、ギリシャの料理とお酒を思いっきり
堪能しました。イベントの雰囲気もとてもアットホームで
楽しく過ごせたし、また別のイベントがあれば参加してみたい。
ちなみにギリシャとギリシアの表記揺れですが、現代の国名は
ギリシャ、古代史や哲学など学問上はギリシアでお願いします。

<Greek Night☆グリークな夜>
[3/12 tue.]open18:30/close22:00
@Cafe あかいはりねずみ/広島市南区的場町1-7-2

cafeigel5.jpg

cafeigel6.jpg

cafeigel7.jpg

▲ついでに、これまでに食べたメニュー。上から
ロシアのキャベツスープ&ジョージア赤ワイン
ビアブルスト(ドイツ)&アイルランドのレッドエール
ピタパンとフムス(イスラエル)

cafeigel8.jpg

■Cafe あかいはりねずみ/広島市南区的場町1-7-2[7:00~17:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1871-b01e8f59