c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

benikurage1.jpg

大阪初日の夜に伺った居酒屋さん。
ライブ終了時間を想定して、大阪城ホールから近く
比較的遅い時間まで営業しているお店を探してたら
以前、太田和彦さんの番組で紹介されていたこちらが
ちょうどいい感じだったので、伺ってみた。偶然にも
お昼に訪問した『エニェ』からも近い場所でした。
店内は奥に向かって長く広がる造りで、余裕のある空間には
カウンターもゆったり配置。日本酒メインのお店では
あるけど、まずはヱビスビール(小瓶)から。つき出しは
えのき茸とツルムラサキのとろろ和え。粘り気のある食材の
組み合わせながら、鮮烈な爽やかさもあって期待の高まる一品。
料理は、遅い時間に伺うからあらかじめ用意してもらっていた
お造りの盛り合わせを最初に出してもらう。内容は、赤甘鯛、
子持ちシャコ、さわら。関西ではよく見かける赤甘鯛は
ねっとり柔らかい身に、ほのかな甘さが漂う。丸々とした
子持ちシャコはもっちり食感がいいね。そして昆布締めした
さわらはかなり肉厚なのに口に入れると、とろけるように
消えてしまい、後には旨みの輪郭だけが残る。これらお造りに
合わせたのは、寺田本家 菩提酛仕込み「醍醐のしずく」。
甘み、酸味が強い、食前酒に合いそうなお酒だったのですぐ
飲み干し、続いて金寶自然酒 生酛純米「田村」をお燗で。
柔らかく穏やかでキレもよく、ずっと飲み続けたくなる一杯。

benikurage2.jpg

続いて宮崎鶏しお焼を頼もうと思ったら、残念ながら
品切れ。代わりに、あての中からマコモダケ胡麻油と
イタヤ貝山椒煮を注文。厚めにカットした後で軽く炙った
マコモダケは、さくさくっとした軽やか食感が心地いい。
ホタテをひと回り小さくしたようなイタヤ貝は、その身に
旨みがぎゅっと詰まってて、山椒の風味と合わせ燗酒との
相性抜群。こうした料理をちょこちょこつまみながら
お酒飲むの最高です。ということで、「白老」純米酒も
お燗してもらう。米の旨みが感じられる落ち着いた味わいで
しみじみと身体に染み入ってくる一杯。和む。

燗酒に合わせ、魚も焼いてもらうことに。
赤甘鯛やさわらも良さそうだったけど、お造りでも
食べてたから、まながつお三五八漬焼にしてみる。
ちなみに三五八漬は、麹漬のことらしい。一般的な
西京焼きなどと比べると、甘さ控えめで素材の味を
生かしてあり、しっとり優しいまながつおの風味を楽しめた。
あとはお椀物も気になったけど、鶏しお焼の品切れが
ずっと後を引いてたので、最後はあえて牛イチボたたき。
鮮やかな色合いも美しい赤身肉は、品のいい脂ものってて
柔らかく美味しかった。ワインにも合わせたくなる感じ。

以上で今回は締めましたが、焼きもの、煮もの、そして
酒のあてと、魅惑的なメニューが連なるいいお店でした。
ほどよくモダンでお洒落な店内も、落ち着いた雰囲気で
過ごしやすかった。叶うなら、何度も通って、燗酒片手に
全メニューを制覇してみたいなあ。

■べにくらげ/大阪市中央区本町橋5-4[18:00~24:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1813-b18bc383