c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

高架橋の耐震補強工事が始まり、高架下のお店も
次々立ち退いて景色が変わりつつあるという横川で
久しぶりに飲み歩いてみた。その街でしか見られない
場所、風景、佇まいが変わってしまうのは少し寂しい。

chuukanayama.jpg

『ちゅうかなやま』
ちょうど一年くらい前にできた立ち飲み屋さん。
立ち飲み屋では珍しく中国料理がメインらしくて
ずっと気になってたけど、今回ようやく初訪問。
調理場を囲むようにL字カウンターが広がり、その後ろには
テーブルもあり。まず瓶ビール頼んだら、サッポロは赤星!
メニューは麻婆豆腐に青菜の塩炒め、よだれ鶏といった
定番が数種類ある以外に、その日の黒板メニューがずらっと
十数種並んでおり、目移りしまくる。悩みに悩んでひとまず
たこパクチー辛み和え、蒸しなすポン酢、ヤンニョムミミガーを
選択。夏至を過ぎたばかりでタイミングがいい、たこパクチーは
パクチーの清涼感がすっきり心地いい一品。たこも肉厚でいい。
大根おろしの他、ねぎとミョウガ、さらにラー油もかかった
なすポン酢もほどよい辛さがきいて、さっぱり食べられる。
お酒もついつい進んで、紹興酒を使ったドラゴンハイボール追加。
まったりしたタレが絡むミミガーをつまみつつ、次に狙っていた
鶏ズッキーニを頼もうと思ったら、直前で売り切れたので
ゆで豚キムチと、定番物から水餃子。あと、カウンターの上には
燗映えしそうな日本酒も揃っていたので、「神亀」をお燗で。
しっかりした旨みがあって、中国料理にもよく合う。しっとり
優しいゆで豚の上にキムチをのせた豚キムチは意外な上品さだし、
黒酢タレに浸った水餃子は、もちもちの皮が心地よく美味しかった。
他にも気になるメニューが山ほどあったので、再訪して頼んでみたい。

■ちゅうかなやま/広島市西区横川町2-14-11[14:00~23:45]

okame18.jpg

『おかめ』
『ちゅうかなやま』から歩いて10秒ほどの近さにある
居酒屋さん。歴史を感じる古い佇まいで、店内は
5人でいっぱいになりそうなカウンターとテーブルが
ぎゅっと詰め込まれた、こぢんまりとした空間。
こちらではまず「亀齢」を常温で一合頼んだ後は
野菜たっぷりカツオタタキと、オクラ納豆を注文。
野菜たっぷりというメニュー名に違わず、きゅうりや
貝割れ、パプリカ、トマト、水菜、サニーレタス、ネギ、
にんにく等がお皿一面にちりばめられたボリューミーな一品。
カツオもかなり肉厚で、食べ応え半端ない。しゃきしゃき
野菜と一緒にもりもり食べるのが楽しく美味しい。オクラ納豆も
納豆を1パック丸ごと投入してあり、ざく切りオクラとともに
がっさがさ混ぜ合わせていただく。その後は、目についた
イサキ塩焼き、白ネギ一本ぐるぐる巻焼き、ひれ酒も追加。
丸々としたイサキは、そのふっくらとした身に旨みが詰まってて
抜群だった。見た目が美しい魚は、味もいいね。長い
白ネギに豚肉を巻き付けたぐるぐる巻焼きは、はさみで
一口大に切り取って食べ進める仕様。一人でもいいけど
数人で分け合って食べるとより楽しいんだろうな。そして
特筆すべきは、これだけ食べて飲んで3000円切ってたこと。
何気に今回伺った店はすべて3000円前後で収まったし
横川って予想以上にリーズナブルなお店が多いんだなあ。

■きまま屋 おかめ/広島市西区横川町2-14-1[18:00~25:00]

ochoko18.jpg

『おちょこ』
こちらは横川駅前、中広通り沿いの焼鳥屋さん。
店の看板には純米酒屋とあるので、お酒と焼鳥の店なのかな。
このお店も昔から名前はよく聞いてたけど、今回初訪問。
奥に向かって細長い店内の端席に着き、まずはビール。
生は黒ラベル、瓶は赤星と、これまた好みのラインナップ。
焼鳥屋さんらしく最初にたっぷりのキャベツを出してもらった後
頼んだのは、刺身盛りと焼鳥5本。刺身はカツオ、ひらめ、鯛の
3種で、質・量ともにまあまあな感じでしたが、お値段は
500円と格安。焼鳥は20種ちょっとある中からハツ、レバー、
砂ズリ、ささみワサビ、ネギマを選択。最近よく見かける
大ぶりの串と比べるとやや小ぶりながら、身が締まってて旨し。
特に、むちむちでジューシーなハツと、ほわほわ柔らかいレバーが
印象的。これには高知のお酒「南」純米吟醸を合わせてみたよ。
最後の締めは、山芋入りだし巻玉子。既に焼いてあったのを
温め直す感じでしたが、優しくほっとする味わいでした。近頃は
若い人が営む新しい焼鳥屋さんが増えたこともあって、ちょっと
時代を感じるお店でしたが、おっさん的にはこういうお店の方が
ゆったり和める気がした。近所にあると嬉しいタイプの一軒。

■純米酒屋 おちょこ/広島市西区横川町2-7-2[17:30~25:00]

kazuki18.jpg

『一貴』
最後は横川というか、住所的には三篠の小料理屋さん。
銀山町にも同じような名前の店があるけど、あっちは
『いったか』、こちらは『かずき』なので関係はないです。
土日祝定休ということで、個人的にハードル高かったんですが
平日に早く帰れる機会があった週に、急いで立ち寄ってみた。
一軒家を使った広々とした店内には、9席ほどのL字カウンターが
のびる。料理は女将さんが適当に見繕ってくれるようだったので
生ビールだけ頼んで、後はおまかせ。最初の一品は厚揚げを使った
肉豆腐。濃いめの味が厚揚げに沁みてて、ビールも進む。続いて
生野菜もたっぷり添えられたヒレカツ。揚げたてさくさくで
さらにビール飲んじゃうので、二杯おかわりした後、日本酒へ移行。
これまた女将さんにおまかせで頼んでみたら出てきたのが
「橅のしずく」。初めて見るなあと思ったけど、醉心のお酒なのね。
知らんかった。この他にもいろいろ揃ってたので、女将さんに
聞きながら頼んでみるのがいいと思います。そして料理は
お惣菜の盛り合わせが登場。マカロニサラダ、きゅうりと鶏肉の
マヨネーズ和え、茄子としめじのピリ辛ラタトゥイユ風、
牛肉と玉ねぎのすき煮、できたて熱々もつ煮込み。どれも上等な
家庭料理という味わいで、しみじみ旨い。野菜がたくさん
取れるのも嬉しいし、お酒を傾けながらちびちびつまむのに
ちょうどよかった。一人暮らしの方の栄養補給場所、そして
ほっと落ち着ける場所として、おすすめのお店です。

■一貴/広島市西区三篠町1-7-14[17:00~24:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1783-64f978d5