c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

koiamemovie.jpg

スピリッツで連載され、この前完結したばかりの
漫画原作が映画化。映画の日にちょうど時間が
取れたので映画館に行った時、『孤狼の血』と
最後まで迷った末、こちらを選んでみた。
17歳の女子高校生、橘あきらはバイト先のファミレス
店長に対し、密かに想いを寄せていた。ただ、彼は
バツイチの45歳であり、これといって取り柄のない
冴えない人物だったが、彼女の想いは日々大きくなっていた。

校庭の上空から、主人公が居眠りする校舎3階に向け
カメラの視点が飛んでいき、そこからポルカ
テレキャスター・ストライプ」にのせて彼女が
駆けだしていくオープニングの時点で、なんだか
わからないけど、ぐっときてしまった。ストーリーは
年の差恋愛物と思わせておいて、その実、大怪我を負い
すべてを懸けていた短距離走から逃げてしまった主人公と
かつての夢を追うことに疲れ日常に埋没していた店長の
再生の物語。追いかける彼女と、距離を置こうとする店長。
そんなふたりが他愛のない、でもかけがえのない瞬間を
共に過ごすことで、やがて前を向いて歩き出すことになる。
劇中で印象に残る場面は多々あるけれど、終盤、店長の息子に
走り方を教えるため訪れた海辺と、最後の最後、店長と再会し
自分の想いを告げるシーンは、忘れられない気がする。

正直に言うと原作はあまりはまらず、途中で脱落したので
決して良い読者ではなかったんだけど、そんな自分でも自然に
入り込めたから、原作ファンの方にはもっと響くんじゃないかなあ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1776-f7da226b