c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

5foryou1.jpg

凛として時雨 TOUR 2018@広島クラブクアトロに
行ってきた。個人的には、2015年のツアー以来
3年ぶりの時雨。前日には、同じくクアトロで
Nulbarichのライブもあったんだけど、さすがに
4月の平日は忙しくて行けなかったのが残念無念。
この日の公演は一応当日券も出てたんだけど、会場に
入ってみたら二階最後方までぎっしり埋まってて
完売公演だったこの前のポルカよりもさらに
詰め込んでるんじゃないかという勢い。そして定刻から
約10分後、場内の照明が落ち、ドラムだけが照らされる中
いつものノイジーなオープニングSEとともに三人登場。

今回は、2月に発売したばかりの時雨6枚目となる
アルバム『#5』を引っ提げてのツアーということで
一曲目はアルバムと同様「Ultra Overcorrection」で
スタート。攻撃的なイントロで会場中を圧倒し、音に
気圧されて身じろぎもできなかったが、続く超速の
「High Energy Vacuum」では抑えていたものが
一気に弾け飛ぶように、フロアは一瞬で熱狂状態へ。

新曲中心の中、中盤では定番の「I was music」や
「DISCO FLIGHT」を投入するなど、熱と勢いが
途切れないバランスのいいセットリストでそのまま
駆け抜けていく。ピエール中野による幕間の茶番…
じゃなくて(笑)、ワンマンコーナーはいつもより
トーク短めで、なぜか「どんぐりころころ」に合わせて
超絶ドラムテクを披露するというカオスな展開。
相変わらず自由だなー。そしてTKは懐が深い。

後半はアルバム曲と既発曲が同じくらいのバランスで
演奏されたけど、個人的にはどこか美しさを感じる
「Who's WhoFO」と、アクロバティックな音の展開に
振り回されるのが気持ちいい「EneMe」がひたすら
良かった。からの名曲「Telecastic fake show」で
燃え上って燃え尽きるまではお約束です。あと
345さんのゆるゆる物販紹介中に、突然TKが間違えて
ギター鳴らしちゃったのが本日のハイライト。しばらく
固まった345さんに、いつもの早口で突っ込むピ、
何気ない振りして動揺してそうなTKと三者三様の素が
見えて、なんかにやにやしてしまった。そしてラストは「#5」。
振り絞るような切なさが沁みるエンディングだった。

5foryou2.jpg

<凛として時雨 Tour 2018 “Five For You”>
[4/7 sat.]open17:15/start18:00
@広島クラブクアトロ/広島市中区本通10-1広島パルコ本館10F
Ultra Overcorrection
High Energy Vacuum
Tornado Minority
Who What Who What
I was music
DISCO FLIGHT
Chocolate Passion
テレキャスターの真実
ten to ten
DIE meets HARD
Who's WhoFO
EneMe
abnormalize
Telecastic fake show
TK in the 夕景
#5












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1756-32815326