c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

comics1803.jpg

今月は、2冊だけです。他にもちょっと気になる
新刊が出てたんだけど、ただでさえ集めてる
巻数が多いので、今のところは様子見しとこう。

■吾峠呼世晴『鬼滅の刃』10巻 集英社
遊郭を舞台にした上弦の鬼との戦闘も役者が揃い
激しさを増していく。単身、命の限界を超えて立ち向かう
炭治郎と、彼の危機を救うため自ら進化し暴走する妹
禰豆子。この兄妹が極限まで追い込まれたタイミングで
ようやく間に合ったのが、前巻ではコメディリリーフと
見紛う活躍しかしてなかった(笑)音柱・宇髄天元。
今巻では三人の妻に対する男前な対応から、過去の暗い
生い立ち、そして戦闘時における炭治郎たち後輩への
発破のかけ方まで、いちいち格好よく、株を上げまくり。
一方、柱である宇髄にはあっさり首を斬られた上弦・堕姫にも
竈門兄妹同様、兄がいたのだが…。その登場方法からして
度肝を抜かれる兄鬼・妓夫太郎のペースで後半は展開する。
伊之助&善逸コンビも到着し、敵味方集結したところで
次巻へ続くんだけど、正直ここからが地獄だ。既にお腹痛い。
■ひぐちアサ『おおきく振りかぶって』29巻 講談社
初っ端からホームランを打たれた崎玉高校との再戦が
繰り広げられますが、今巻はずっと西浦高校に不利な
展開が続く。前回の対戦では「深く考えてない」と
ばっさり評されていた崎玉ナインも、一人ひとりが
一球ごと、一打席ごと、自分のやることを考えながら動き
常に西浦の一つ上を行くことに。その中心に立つのが
前回は不在だった捕手・石浪。阿部とタメを張る策士で
バッティングセンスもあり、彼を中心に西浦をじわじわ
追い込んでいく。作者も崎玉に力入れて描いてるんじゃ
ないかと思うくらいの雰囲気になってるので、なんとか
西浦のここからの巻き返しを期待したいところ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1754-b065d46c