c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

kuroyuri1701.jpg

金沢では、ぶりも、香箱も、のどぐろも食べたけど
そういえば、おでん食べてなかった。前回の旅で伺った
おでん屋さんではお酒で記憶飛ばした思い出があるので
今回はちゃんと記憶がある時に寄って行こうと思い
帰りの電車に乗る前に向かったのは、金沢駅構内
「金沢百番街・あんと」内に店を構える『黒百合』。
こんな風に、駅の中にお店があるのは便利でいいな。
コの字カウンターが広がる店内は、リニューアルした
はずだけど、昭和感溢れる味わい深い雰囲気は健在。
もう、この佇まいだけでお酒飲めるよね。ということで
まずは一番搾りの中瓶と、ぬたを頼み、あとはおでん尽くし。
大根、たけのこ、ホタテ、焼き豆腐。ぬたは鯖も入っており
ひんやりシャキシャキねぎが心地いい。おでんはほくほく大根、
さくさくたけのこが安心できる美味しさ。出汁は濃いめと
聞いてたけど、この日はほどよく穏やかでバランスよし。

料理は他にお刺身や焼き魚、へしこ、ふぐの粕漬などなど
結構いろいろ揃ってましたが、お昼にがっつり食べて
そこそこお腹は満ちてるので、最後までおでんで突き進む。
冬の名物・かに面はスルーし、玉子、ふき、ロールキャベツ、
梅貝。これに合わせるお燗は「甚」。ふきみたいな素朴な
素材は、しみじみしてしまう。梅貝は、かなり大ぶりで
食べ応えあり。というか、ばい貝は梅貝って表記するんだね。
玉子は言うまでもなく、味が沁みてほっこりできる。
そして、最後は茶飯(小)。これにおでん出汁をかけて
一息にさらさら流し込む。いやー、楽しく美味しかった。
こういうお店がある街って、羨ましくなるなあ。

■黒百合/石川県金沢市木ノ新保町1-1[11:00~22:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1722-a9ac68ce