c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

taheizusi1701.jpg

8年前の冬に、金沢で5軒ほどお鮨屋さんを巡ったんだけど
その時にも行こうと思って回り切れなかったお店のうちの
一軒に今回は行ってみることに。ちなみに前回伺ったうち
小松弥助』は、一度閉店した後で移転&復活したそうですが
今は紹介制になって、予約取るのはなかなか難しいみたい。
向かったのは、金沢駅の二つ隣にある野々市駅。
8年前、『めくみ』というお鮨屋さんを訪れた時にも
降り立った駅で、当時は石川郡野々市町だった町も
今は野々市市に変わり、駅舎も新しくなってました。
そこからさらにタクシーに乗って10分ほどで到着。
お店の外観は、何の変哲もない昔ながらのお鮨屋さん
という佇まいですが、ここに全国からいろんな
お客さんが集まってきているそうです。

ほどよく華やぎのある落ち着いた店内には10人ほど
座れるカウンターがあり、運よく大将の目の前の席に
案内してもらう。料理はおまかせなので、ヱビスを頼んで
しばし待っていると、まずはお通しとして出されたのが
赤なまこと、ばい貝の肝。薄く切られたなまこは、このわたと
和えてあり、ほのかな塩気がクセになる。ばい貝は金沢では
本当によく見かけるけど、とにかくお酒がほしくなる味。

続いて、アカニシ貝、あらの握り、ひらめの薄造りを
一枚のお皿に盛り付けて提供。アカニシ貝は、広島では
メジャーな夜泣き貝ですね。他の地域では見かけたこと
ないけど、金沢では普通に食べられるのかなあ。小粒ながら
こりこりした食感が印象を残す。軽く塩を振ったあらの握りは
上品な白身に木の芽の香りが漂って絶妙。ひらめには
おろしポン酢がのってて、さっぱりしっとりいただける。
このあたりで燗酒を注文。冷酒は結構いろんな種類が
揃ってたのに対し、燗酒は菊姫、立山、黒帯の3種くらい
だったかな。なので、菊姫から順番に一合ずつ頼んでみた。

taheizusi1702.jpg

燗酒と同じタイミングで登場したのは、能登産真鯖の
しめ鯖と棒寿司。この鯖がまたすごい肉厚で、その身に
閉じ込められた旨みも香りも抜群。噛みしめると心地よい
香りが鼻から抜けていく感覚で、思わず唸ってしまう
美味しさでした。同じように小皿で出されたイクラは
中央に盛られたシャリを囲み込むように盛り付けられ
そのシャリの山を崩しながら一緒に食べると、瑞々しく
鮮烈なプチプチ感がシャリの甘さと絡んで美味しく楽しい。

そして北陸の冬の味覚といえば、ぶりとカニ。
真っ黒な長方形のお皿にのってやってきたのは、これまた
超大ぶりサイズのぶりの腹身。よく見ると、その身には
切れ目が入れてあって、一緒に盛り付けられたシャリや山葵、
おろしポン酢を自分好みの配合で合わせていただくという
趣向。ある意味、セルフ鮨ですね(笑)。このぶりも
綺麗な脂がのってて、口の中で優しくとけていくのが
たまらない。一方、カニは香箱を半身にさばいたもので
かに味噌や内子がたっぷり敷き詰めてあって、燗酒を
合わせると、もうやめられないとまらない。残りの外子は
隣でシャリに混ぜ込んで、真っ赤なシャリタワーを形成。
なんだかもうお正月がきたような、華やかな一皿でした。

ここでようやく、ベーシックな握りへ。
くるま鯛、中とろ、漬け、甘海老、アカイカ。昆布締めした
くるま鯛は透明感のある白身で、ほのかな甘さと香りが
しみじみ旨い。鮪は大間産で、大きめにさばかれた身で
シャリを覆うように握ってある。中とろ、漬けともに
旨みが濃く、インパクトが強かった。甘海老には青い卵と
えび味噌が重ねてあり、コクのある複雑な旨みが醸成。
これも後引く美味しさだったな。炙ったアカイカも旨し。

この後はイカの下足炙りを挟んで、ノドグロ蒸し寿司と
穴子の握り、ノドグロのあら入り味噌汁で締め。
こちらの名物だというノドグロ蒸し寿司は、ふわり
柔らかいノドグロを穏やかなシャリが下からそっと支え
優しい味わいを生み出していた。穴子は不思議なほど
山葵が爽やかで、最後の一貫まで美味しくいただけました。

お店の印象は一言でいうと、穏やかで柔らかい。
それは大将の人当たりの良さでもあるし、お店に漂う
雰囲気であったり、または優しく控えめなシャリの
影響かもしれない。その一方で、ネタは素材の良さを
出し惜しみなく生かすストロングスタイル。肉厚の鯖も
ぶりも鮪もすべて本当に美味しかった。昔ながらの
お店の造りとは対照的に、新しいものにどんどん
挑戦していこうという大将の姿勢も印象的で、素敵でした。
これからもずっと進化していくお店だと思うので
またいつか金沢に来れた時には、再び伺いたいです。

■太平寿し/石川県野々市市太平寺1-164[11:30~14:00、17:30~22:30]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1720-b134979a