c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

waratosumi.jpg

エキニシの『バルタン食堂』に始まり『BALTAN本店』、
倉庫B』、さらにバルタン食堂 LECT店と、気づいたら
どんどん拡張していたバルタン・グループが駅裏…
じゃなくて、エキキタ側にまで進出。店名通り、藁や
炭で炙った料理が中心のお店らしいです。
全面ガラス張りで開放感のある店内は、カウンターが
5席とテーブル席等で構成。手始めのビールは、生が黒ラベル、
瓶が赤星、クラシックラガー、スーパードライと各種
取り揃えてあったので、赤星でスタート。つき出しは梅水晶に
小ぶりの鱧天ぷら。鱧天には大根おろしがちんまりのっかってた。

warakatsuo.jpg

料理メニューを見ると、藁焼き、炭焼きの他、セイロ、野菜、
揚げ、逸品、〆物、甘味とひと通り並んでいたので、まずは
やっぱり藁焼きから、カツオの藁焼き下駄たたき。それと
野菜物から広島豊平のオニオンスライス、炭焼きから
下足のイカスミ野郎を注文。すぐ出されたオニオンスライスは
甘み穏やかな食べやすい一品。そして恭しく登場したカツオの
藁焼きは、超厚切りの大ボリューム仕様。カウンター目の前の
厨房で焼かれたばかりなので香りよく、しっとりした身も
食べ応え抜群。ポン酢や塩、山葵、生姜、大蒜スライスの他、
貝割れや茗荷、玉ねぎなど薬味もほどよく添えられていて
一緒にざくざく食べ進めるのが楽しい。お酒も、富乃宝山の
水割りから竹鶴の燗酒へとぐいぐい飲み干してしまう。
七輪の上で椎茸や子持ち昆布とともに炙る下足は、イカスミと
あご出汁が利いており、これまたお酒が進む味わい。
ちなみに日本酒は、亀齢、雨後の月、竹鶴がレギュラーで
それ以外にもお店の方に聞いたら出してくれるようです。

ここでもう一度メニューを見直すと、藁焼きはカツオ以外に
桜鯛、地穴子、地鶏など、炭焼きは白ハマグリ、焼牡蠣、
石見ポーク、セイロは牡蠣しゅうまい、蒸豆腐、豚コウネなど
気になるもの盛りだくさん。その中から、石見ポークの藁ハムと
焼牡蠣追加。薄くスライスされた藁ハムはほんのりスモーキーで
ハイボールとかウイスキーに合いそう。焼牡蠣もジューシーで
なかなかよかった。これに合わせたのは、冷やし飴ボールと
最後まで悩んだ末に選んだ金魚鉢サワー。別に金魚鉢を使っている訳
ではなく、金魚に見立てた唐辛子と大葉が入ったキンミヤ・サワーなのです。
これですっきり締め。他にも、酒盗やたこわさ、いぶりがっこといった
酒肴に、藁焼き穴子ひつまぶしや、瀬戸内柑橘うどんなどの〆物も
気になったので、近いうちに食べに行ってみよう。

■藁ト炭 バルタン/広島市東区若草町9-10[17:00~24:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1708-ccaacb89