c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

sandome.jpg

最近は、ほぼ毎年のように新作を公開している
是枝裕和監督の最新作。今回は『そして父になる
以来、二度目となる福山雅治主演作となっている。
解雇された工場の社長を殺し財布を奪った容疑者
三隅。30年前にも強盗殺人を犯していたため
極刑は免れない彼に、弁護士としてついたのが
父親も裁判長であるエリート、重盛だった。

毎年新作を作っているといっても、ここ数年は
ホームドラマ偏重だったので、法廷サスペンスである
本作は監督にしては異色作。舞台の大半も法廷か接見室
という閉塞的で変化がない画面が続く。だが、狭く暗く
数人が向き合うだけのこの接見室こそが、手に汗握る
心理戦のメインステージとなる。最初の対面では
弁護士と容疑者の他愛のないやり取りが交わされるが
接見を重ねるうち、重盛と三隅は弁護士と容疑者という
関係性を超え、生身の人間として、視線を、想いを、
そして魂をぶつけ合っていく。そうした二人の対峙に
合わせ、スクリーン上でも細部にまで巧みで細かな
仕掛けが施され、ただ男二人で話し合ってるシーンに
ぐいぐい引き込まれていくことになる。

一方、ストーリーは三隅の供述の変化により二転三転するが
結局最後まで何が真実だったかわからないまま終了する。
実際の人生でも、答えがわかることなんて滅多にないのだから
これが真理なのかもしれない。ただ、それでも、ここには
真実に向かおうとする愚直な意思があった。怪物であり、
深淵であり、空虚な器であった三隅との出会いを経て
それまでとは変わってしまった、いや、本当の自分に
気づいてしまった重盛が、これからどう生きるのか。
その行く末を示唆するように幕は下りる。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1697-5ac97596