c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

perfumefes1701.jpg

2013年2014年に続き、今年も行われたPerfumeフェス。
6月の幕張では、電気グルーヴ&チャットモンチーを招き
今月は愛知でスガシカオ&レキシ、そして大阪では星野源、
マキシマム ザ ホルモンというラインナップ。その中で
大阪初日の星野源との対バン@大阪城ホールに行ってきた。
城ホールに来たのは、Perfumeの2ndツアー以来だから
実に8年ぶり。ホールがある公園内には、JO-TERRACEという
お洒落なカフェやら飲食店が林立した施設ができており
隔世の感が…って、のんきに散策してる暇はなく。平日なので
無理矢理仕事切り上げて、ぎりぎりのスケジュールで
やって来たので、ダッシュで会場へ向かう。なんとか
自分の席にたどり着いたのは、開演10分前くらいだった。

perfumefes1702.jpg

ライブはもちろん星野源先攻。
源さんといえば、アミューズに移籍してから出した
「SUN」以降のMVは、振付がMIKIKO先生、監督は関さんという
いわゆるチームPerfume体制なので、Perfumeとは親和性
高い印象があるけど、一曲目「化物」で軽やかに、でも
あっさり会場を掌握してる佇まいを見ていると、やはり
彼も圧倒的なポップスターなんだなあと実感してみたり。
最近、全国ツアーが終わったばかりということもあってか
バンドメンバー含め仕上がってる感が半端なく、その後の
「桜の森」や「SUN」の盛り上がりはもはや盤石。あと
個人的に一番聴きたかった「Week End」も演ってくれて
中盤くらいでもう満足しちゃってた。クールさと熱さと
切なさと色気が絶妙なバランスで混ざり合ってて、ずっと
聴きながら揺れていたい名曲。さらに続く「時よ」も
MV見た時からずっと好きだったんだよなー。ただ、彼の
ワンマンライブには帯同しているELEVENPLAY(MIKIKO先生
率いるダンスチーム)不在なのがちょっとだけ寂しいかなあと
思ってたら「時よ」の終盤間際で、上品な赤いワンピースを
身にまとった三人組登場! 言うまでもなくPerfumeなわけで
一瞬の間の後、会場全体がうねるように揺らぎ、爆発。

MVのダンスをPerfumeが再現するんだけど、これがまあ
キレまくりで、手の動きが素早すぎて残像が見えるレベル。
呆気にとられてるうちに間髪を入れず始まったのが、「恋」。
そう、おそらく今日このライブを見に来た人の大半が期待
していたものが早くも眼前に立ち現れることになったのです。
でも実際に三人+源さんの恋ダンス(フルバージョン!)を
目にしたら、なんだかありがたすぎて手を合わせかけたよね(笑)
こっちもキレキレかつ品があって、美しさと格好よさと
可愛らしさの相乗効果で目の前が光って見えました。本当、
無理してでも今日、この場に来て良かった。そんな余韻が
残る中、最後は新曲の「Family Song」でしっとり終了。

ダンスコラボでふわふわと夢心地に浸っていた会場の
目を覚ますかのごとく、響く重低音、鋭利なスポットライト
演出とともに後攻Perfumeのライブスタート。一曲目は
「FLASH」。昨年の福岡ドーム公演以来10カ月ぶりの
Perfumeライブだから、なんか沁みたわ。やっぱり
三人の存在感いいなあ。続く久々の「GLITTER」は
レーザー光線乱舞というか、レーザーの海。すべての
空間がレーザーで塗りつぶされる勢いで、会場の熱気も
ぐんぐん上がっていく。さらに硬質な「GAME」まで
つっこんでくるセットリストの流れに、対バン相手を
敬いつつも、相手を上回りたい、勝ちにいきたいという
気概を感じて密かに熱くなる。あと、今回初披露の
「Everyday」は、実際に生でパフォーマンスを見てると
なぜかアメリカンな雰囲気を感じ取ってみたり。

中盤は、源さんからのリクエスト曲をまとめてメドレーに。
いろんなミュージシャンから愛される「マカロニ」を筆頭に
「ナチュラルに恋して」、「Magic of Love」というのは
個人的にもすごく分かるラインナップ。なんか源さんとは
趣味が合うかもしれない。そして、先月出したばかりの新曲
If you wanna」。CD&MVの時点で良いのは分かってたけど
ライブで見たら、さらにいい。新しさと懐かしさと圧倒的な
心地よさに身を委ねてしまうこの感覚は、それこそ初めて
「ポリリズム」を聴いてPerfumeの存在に気づき、ずぶずぶと
ハマっていった時とよく似ている。「ポリリズム」の発売から
ちょうど10年目となる今、この曲に出会えたのはもう運命なんだろう。

後半戦は「P.T.A.」のコーナーで場をあたためてからの
「FAKE IT」という鉄板構成で思いっきり盛り上げて
本編最後は「TOKYO GIRL」で重厚さを保ったまま一旦終了。
アンコールはPerfume FES恒例となる源さんとのコラボ
なんだけど、既にダンスコラボは本編でやっちゃってるし
どうするんだろうと思ってたら、かしゆかと同じロングヘア
スタイルで、ほしゆか登場。以前、別のイベントで
Perfumeと共演したという彼女(?)は三人との息も
ぴったり。そのまま漫談みたいに話し続けてたら今度は
ながゆか(長岡亮介a.k.a.浮雲)まで現れて、もはやカオス(笑)
でもギターの名手が登場したことで、ようやく方向性が判明する。
源さん…じゃなかった、ほしゆかがアレンジしたPerfume楽曲を
三人が生で歌うという一夜限りのアコースティックコラボ!
しかも選曲が「If you wanna」に加えて、インディーズ時代の
「スウィートドーナッツ」という濃さ。さすがほしゆか分かってる。
かしゆか、ほしゆか、ながゆかの三人が並ぶ3ゆかの絵面はさらに
濃くて強烈でしたが(笑)、コラボ自体はPerfume三人の
ナチュラルに澄んだ歌声と、源さんのほどよくマニアックで
格好いいアレンジが綺麗に混ざり合って抜群だった。
これまで何度か対バンイベントは見てきたけど、質・量ともに
この日のライブが一番濃厚で楽しかった。いつの日か、また
この二組の共演を見る機会があれば是非とも駆けつけたい。

perfumefes1703.jpg

<Perfume FES!! 2017>
[9/13 wed.]open18:00/start19:00
@大阪城ホール/大阪市中央区大阪城3-1
【星野源】
化物
桜の森
SUN
Drinking Dance
Week End
時よ

Family Song

【Perfume】
FLASH
GLITTER
GAME
Everyday
お源メドレー
・マカロニ
・ナチュラルに恋して
・Magic of Love
If you wanna
「P.T.A.」のコーナー
FAKE IT
MY COLOR
TOKYO GIRL

[ENCORE]
If you wanna
スウィートドーナッツ












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1694-ed2a63c8