c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

dunkirk.jpg

1940年、フランス・ダンケルク。
ドイツ軍の侵攻により、フランスの北の果てにある
港湾都市まで追い詰められた英仏連合軍、その数
40万人。彼らを対岸のイギリスへ救い出すための
一大撤退作戦が、圧倒的なリアリティを伴って描かれる。
ダークナイト』や『インターステラー』でも監督を務めた
クリストファー・ノーラン監督作ということで、大戦当時と
同じ本物の戦闘機や駆逐艦を用いるこだわりを見せる一方
戦争映画ではあるものの、生々しい戦闘や凄惨な状況は控え
重厚さや、どこか品の良さを感じる画が続く独特な作品。

物語は、ひとつの舞台の中で三つの視点が交差しながら
進んでいく。一つめは果敢に脱出のタイミングを窺う
若きイギリス兵の視点。二つめは兵士救出のため小型船で
戦地に向かう船長とその息子たち。三つめはドイツの爆撃機を
撃ち落とすためスピットファイアで出撃するパイロットの視点。

カメラは常に彼らの近くに寄り添うので、戦場の全体像は
分からないものの、とにかく現場に放り込まれた感覚が激しい。
銃弾、爆撃、魚雷。今まさにそこで爆ぜる衝撃はもちろん、
脱出しようとする兵士が船に乗ってほっとしたと思ったら
沈められ、また違う船に乗ったと思えばまた攻撃を食らい、
何度も最初の海岸に戻るという徒労感もうんざりするほど
体感させられる。ただ、それだけではなく、曇天の下
白い砂浜が続く海岸線や、パイロット視点で見た海は
戦場でありながら、純粋に美しいと感じてしまった。
戦争映画でありながら、どこか不思議な余韻を残す要因は
その辺りにあるのかもしれない。つい最近見たばかりの
ハクソー・リッジ』の凄惨さとはつくづく対照的な一作だった。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1693-07ca94c2