c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

今度こそ本当にお盆明けた頃、久々に呉の酒場を
徘徊してきた。まず一軒目は、定番の『オオムラ』で
きゅうりの浅漬けをつまみに生ビールをグッと二杯
飲んだ後、まだ明るいうちから飲み歩きスタート。

kantarostand.jpg

『貫太郎』
呉ではまだ珍しい立ち飲み屋さんがあると聞いていたので
早速二軒目で向かう。奥に向かって細長い店内には
平日の開店時間直後にも次々お客さんがやってくる人気店。
既にビールは飲んできてるけど、生がヱビス樽生ビール
だったので迷わず注文。オオムラのふんわり軽く優しい
ビールに対し、こちらは泡がきめ細かくキリッと端正な一杯。
つまみはオニオンスライスとタヌキ豆腐。タヌキ豆腐は
その名の通り、揚げ玉の他、カニカマ、青ねぎ、きゅうりが
どさっとかかり、つゆをひたひたに張った一品。豆腐も大きく
ボリューミーで、これだけで十分事足りる。ここで本当なら
日本酒も頼みたかったけど、次のことを考えてバイスに
変えた後は、メンチカツでひとまず締めました。

■立飲み 貫太郎/呉市中通4-2-24[17:00~23:00]
isotei1.jpg

『磯亭』
三軒目は蕎麦屋さんに行こうと思ってたけど、どうも
お休みっぽかったので、近くにあった居酒屋割烹へ。
昔ながらの風情で、比較的こぢんまりとした店内で
「千福」生酒と皮はぎの生ちり(薄造り)注文。生ちりには
大きめの肝もついてて、そのまま食べてもつるんとした
食感が心地いいが、ポン酢にとかして身とともにいただくと
なお旨し。薬味も、かいわれ、青ねぎ、紅葉おろしと
揃っているので、いろんな組み合わせで味わえる。あとは
アジのタタキも頼んだけど、すぐ下にカツオのタタキが
あったから、つい炙りたたきだと思い込んでたら細切りにした
なめろう風のたたきだった。そりゃそうか(笑)。こちらも
お酒によく合ってたので、燗酒も追加して頼めばよかったな。
でも今日ははしごと決めてるので、次へ向かわねばならぬのです。

■磯亭/呉市中通3-2-8[17:15~22:30]

hyoue1.jpg

『ひょうえ』
続いて久々に『迷亭』で、おでんでもつまもうと思ったら
これまたお休み期間中。代わりに、近くで和料理の
看板が掛かっていたこちらのお店に飛び込んでみた。
長いカウンターの前には、小さな字でぎっしり書かれた
メニューが貼り出してあり、その中からお刺身盛り合わせを。
日本酒は地酒だけでなく、全国の銘酒も多々揃っていたため
「鍋島」三十六萬石 純米吟醸を合わせる。お刺身はシマアジ、
金目鯛、とり貝、ほっき貝の4種で、ボリュームたっぷり。
魚も良かったけど、つるつるとり貝&さくさくほっき貝の
コントラストが印象的。あとは野草の酢の物も頼んだら
芽甘草、ホタルブクロ、ニセアカシア、フジの花などなど
あまり見慣れないものばかり。店内の照明が抑えめなので
食べてるうちにどれがどれか分からなくなったけど、食感が
面白い野草に、ほどよく酸味がきいてて、暑い時期に良かった。

■ひょうえ/呉市本通4-1-6[17:00~22:00]

gyosaiya1.jpg

『魚菜や』
どうしてもおでんが諦めきれず、他にもおでん屋さんが
あったはずと探してたどり着いたお店。入ってみたら
L字カウンターがほぼ埋まる大盛況ぶり。雨後の月をはじめ
千福黒松、華鳩、白鴻、宝剣と地酒が並ぶお酒メニューから
まずは宝剣を注文。カウンター内ではおでんがぐつぐつと
煮えている他、数種類のおばんざいが大皿に盛り付け。
これがまた、小イカの煮付けにネブトの唐揚げ、茹で海老、
ししゃもの南蛮漬けなど、どれもこれも魅惑的。でもさすがに
そこそこお腹いっぱいだったので、おくらの肉巻きと
青菜おひたしに留めておく。肉巻きは、ほんのりカレーの
風味漂う焼物で、ビールに戻りたくなる味わい。あとは
念願のおでんから、たまごと豆腐。定番のたまごはもちろん
味が沁みつつも優しい豆腐がじみじみ美味しい。ついつい
椎茸とロールキャベツも追加したら、ロールキャベツは
超大ぶりサイズ。でもこれまた味が沁みわたってて旨いんだ。
難なく食べきってお会計しました。今回いろいろ回った中だと
個人的に一番好みだったのはこちらのお店かなあ。寒くなる頃に
再訪して、今度はゆっくりおでんと熱燗を味わいたい。

■魚菜や/呉市中通4-1-24[17:00~22:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1689-f585477a