c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

danielblake.jpg

イギリス北東部ニューカッスル。
妻を亡くした後、一人で暮らしていた59歳の大工
ダニエル・ブレイク。心臓病を患い、医者から仕事を
止められたため、国から雇用支援手当を受けていたが
継続審査の結果、手当は中止されてしまうのだった。
冒頭から、お役所仕事に振り回される男の姿が描かれる本作。
主人公のダニエル・ブレイクは、決してただ虐げられるような
人物ではなく、反骨精神を持った憎めないキャラクターなので
最初のうちはまだ笑って見られる余裕があった。でも、そんな
ダニエルでさえ徐々に打ちひしがれていくほど、手当を得るための
手続きは複雑怪奇で、職業安定所の職員は冷淡だった。とにかく
制度の形骸化、無意味さは半端なく、求職者手当を受けるために
働けないはずの彼が形だけ求職活動をしたり、履歴書作成の
セミナーに向かわされる馬鹿馬鹿しさは見てるだけで脱力する。

そんな彼が、同じように職業安定所で理不尽な扱いを受ける
シングルマザーと幼い子供たちと出会うことから、ストーリーに
ほのかな温かさと、さらなる重さが加わっていく。配給を
受けられるフードバンクや、スーパーでのひと幕など、母親は
辛いシーンが多いけれど、少しずつたくましくなっていく
子供たちの姿は本作で唯一の光であり、救いに感じられた。

そして物語の閉じ方は、最後までビター。
自己責任の名の下に、イギリスのみならず日本も含めた
世界中で弱者が追い込まれる時代にあって、この作品が
突きつける現実はひたすら重い。少しでも皆が上を向いて
生きていけるような世界にするため、一人ひとりが考え
行動しなければならない段階なのかもしれない。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1661-57b278c0