c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

cetourbd.jpg

昨年、新アルバムを引っ提げて全国のアリーナおよび北米、
そして国内3カ所のドームを回ったPerfume 6thツアーが
Blu-ray&DVDで発売開始。京セラドーム大阪における
Dome Editionの他、アリーナ公演からは幕張メッセ
国際展示場でのスタンディングエディションも収録。
さらに初回盤には、北米ツアーダイジェストを含めた
特典映像を詰め込みまくり、総収録分数は実に約390分!
時間にして約6時間半という常軌を逸した大ボリュームです。
DISC1は、Dome Edition@京セラドーム大阪。
始まった瞬間に気づいたけど、今回のドーム公演は
アリーナ席で1回見ただけなので、スタンドや上部からの
景色はまったくの初見。あらためて把握できた全体像は
映像や演出、照明が重層的に絡み合い、まるで別の
ライブを見ているかのような印象を受けた。やっぱり
同じライブでもアリーナとスタンド両方で見たくなる。

冒頭、アリーナツアーや北米で回った各都市をなぞり
やがてドームに到達するオープニング映像を見るだけで
感慨深い気持ちに。「Cosmic Explorer」による
壮大な始まりも、ぐっとくる。楽曲でいうと、前半の肝は
やはり「Cling Cling」。このライブ特製MIXは、映像を
通してでも身体が動きだすくらい蠱惑的。現場では碌に
前も見ず踊ってたから、どんな映像演出だったか今回
ようやく分かったという。あと、比較的可愛らしい曲が並ぶ
メドレーの中でも、これまで披露された機会が極端に
少ない「Sweet Refrain」の心地良さを思い知った。
個人的にも、対バンツアーでしか見たことないので
いつの日かフルで演ってくれることを密かに期待してます。

そして、本公演の白眉「Perfumeの掟 2016」。
ここ数年のライブにおけるスペシャルコーナーを
総括するような内容で、あまりの情報量の多さ、展開の
大きさゆえに1回見たくらいではとても把握しきれない代物。
でも、こうやって映像化されたことで、なんとか理解の範疇に
入ってきてくれた。とはいえ、現場の迫力はこの映像の
何倍も上をいくものだったから、理解なんてできなくても
あの場を経験できたことが宝物なんだと思う。さらに
このライブが狂ってるのは(笑)、あの圧倒的な演出の後
主役は巨大な機構などではなく、三人の身体そのものだと
言わんばかりにダンサブルな楽曲を詰め込んでくるところ。
アルバム内でも人気の「FLASH」や「Miracle Worker」に
続けて、「FAKE IT」に「エレクトロ・ワールド」、
「Party Maker」、「だいじょばない」という並びは
正直頭おかしい(笑)。観客でさえへとへとになるのに
ヒールを履いてずーっと歌い踊り続け、挙句の果てに
命綱なしで高所へ上がっていく三人を見てたら、普通に
この人たち化け物だ…という感情しか湧いてこないよね。
当たり前のように三人とも最後まで笑顔なんだけど
本当凄まじいし、尊敬するし、一生ついていきます。

cetourhmv1.jpg

そんな感じで茫然としたまま続けて再生したDISC2は
アリーナツアーの中で唯一、スタンディングエディション
というスタイルをとった幕張メッセ国際展示場公演。
オーソドックスに仕上げてあったDISC1に対し
こちらは超横長のシネマスコープ・サイズで、画質も
映画みたいにざらついた仕様。さらに撮影した素材の上から
エフェクトかけたり、ダンスの止めの部分でスローを
多用したりと遊びまくり。これ、関さんの仕業かなあ(笑)
ファン的には賛否両論ありそうな気がしますが、映画っぽくて
臨場感あるし、個人的には断固支持。こういうの大好き。

ライブの内容自体は今見ると、Dome Editionの
プロトタイプっぽい感じもするけど、「STORY」は
何度見てもゾクゾクするし、レーザーの乱舞は密度高くて
半端ないことになってるし、「Navigate」前に流れる
SF風味の映像はなんだか懐かしくて沁みる。そして何より
ドームでは外されてしまった「TOKIMEKI LIGHTS」!
ここ最近の曲の中でも特にお気に入りだったから、振付の
愛らしさと相俟って、思わず虜に。ドームでも見たかった。

あとは、一昨年の周年ライブで定番だった「3:5:6:9」
コーナー。ここで心底リラックスして楽しんでいる三人の姿を
見ていると、ドームはなんだかんだで少し緊張してたのかなと
思った。パフォーマンスはどっちも抜群なんだけど、ドームの
MCはちょっとだけ抑えめに感じたので。そんなことをつらつら
考えているうちに、DISC2も「STAR TRAIN」で終了。
ライブが終わる時のこの感覚は、何度経験しても切なくなる。

と、今までならここで終わってしまうところですが
今回の初回盤には、DISC3まで付いてくるのです。
副音声付きの北米ツアーダイジェストを筆頭に
アリーナツアーで回った各地のMCのみならず
「3:5:6:9」コーナーで選ばれた全曲収録という
大盤振る舞い。まさに、Perfume尽くし。3枚続けて
ぶっ通しで見てたら、さすがに頭くらくらしてきます(笑)
お休みの日に時間とって、もう一回ゆっくり見よう。

cetourhmv2.jpg

Perfume 6th Tour 2016「COSMIC EXPLORER」
<DISC 1>
Perfume 6th Tour 2016「COSMIC EXPLORER」Dome Edition
01. Opening
02. Navigate
03. Cosmic Explorer
04. Pick Me Up
05. Cling Cling
06. ワンルーム・ディスコ
07. Next Stage with YOU
08. Perfume Medley 2016 Dome Edition
・Relax In The City
・ナチュラルに恋して
・マカロニ
・透明人間
・Twinkle Snow Powdery Snow
・セラミックガール
・心のスポーツ
・Sweet Refrain
09. Baby Face
10. Perfumeの掟 2016
11. FLASH
12. Miracle Worker
13. 「P.T.A.」のコーナー
14. FAKE IT
15. エレクトロ・ワールド
16. Party Maker
17. だいじょばない
18. パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
19. チョコレイト・ディスコ
20. STAR TRAIN

<DISC 2>
Perfume 6th Tour 2016「COSMIC EXPLORER」
Standing Edition -Live Experience Edit-
01. Opening
02. STORY
03. FLASH
04. Dream Fighter
05. Next Stage with YOU
06. よせあつめどれー
・Relax In The City
・透明人間
・Spending all my time
・不自然なガール
・Twinkle Snow Powdery Snow
・コンピューターシティ
・イミテーションワールド
・Sweet Refrain
07. TOKIMEKI LIGHTS
08. Baby Face
09. NIGHT FLIGHT
10. Navigate
11. Cosmic Explorer
12. Pick Me Up
13. Cling Cling
14. Miracle Worker
15. 「P.T.A.」のコーナー
16. 3:5:6:9コーナー
・Party Maker
・チョコレイト・ディスコ
・エレクトロ・ワールド
17. Puppy love
18. STAR TRAIN

<DISC 3>
01. U.S.A. TOUR 2016 ULTRA DIGEST
02. ご当地P.T.A. & MC
03. 3:5:6:9シャッフルプレイヤー












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1653-432886b3