c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

bestlive2016.jpg

今年は、ここ数年で一番ライブに行けなかった年だけど
□□□×バンアパの対バンに、サニーデイ6年ぶりの
広島ライブという、普通なら万難を排して駆けつける日に
別のライブが重なって参加できなかったのが、ひたすら
悔やまれる。来年、また広島に来てくれないかなあ。

1位:Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」 Dome Edition
レコ発全国アリーナツアー&北米ツアーの集大成として
行われたドーム5公演の最終日、福岡ドーム公演に参加。
Perfumeのドームライブは、これまで初回の東京ドーム
「LEVEL3」京セラドーム大阪も見てきたけど、今回は
ドームとは思えないほど近く感じた。センターステージで
あったり、今までと比べても音響システムが格段に
良くなったのもあるけど、それ以上に三人がドームという
空間を軽々と掌握してしまっている凄さがその理由だと思う。
そして、踊らされまくるセトリの容赦なさ(笑)。久々の
サプライズ企画も含め、忘れられない一日になった。

2位:Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER
そのPerfume全国アリーナツアーのうち、唯一参加できた
徳島公演。新譜の世界観に振り切ったドーム公演とは異なり
昨年の周年記念ライブとのつながりを感じる構成で
試行錯誤の跡も感じられつつ、アットホームなライブだった。
何より徳島2DAYSのうち二日目は、今まで参加したライブの中でも
トップレベルに観客のテンションが盛り上がってて、一体感と
高揚感が異常というか狂ってた(笑)。ライブはアーティスト
以上に、観客が作り上げるものという真理をつくづく実感。

3位:METAFIVE “WINTER LIVE 2016
高橋幸宏、小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、
ゴンドウトモヒコ、LEO今井という5人をクアトロの
あの小さな空間で一度に見られる贅沢。90年代に
青春時代を過ごした人間にとって、まさに夢のような
時間だった。またこの5人が奏でるのが、テクノでも
ダンスミュージックでも実験音楽でもなく、真っ当な
バンドサウンド中心だったのが意外なようで逆に痺れた。
この瞬間を目に焼き付けようと必死になったのもいい思い出。

4位:夜明け前 其の三十六
ZAZEN BOYS×eastern youthの対バンライブ。
ずっと見たかったザゼンのライブをようやく見られた。
もう最初の一音から身体ごと持っていかれるような
強烈なグルーヴ感。めくるめく演奏、歌声、佇まいで
頭も身体も振り回されるのがひたすら気持ちよかった。
さらに端々には茶目っ気もあって、なんかもう惚れたわ。

5位:cero 『MODERN STEPS TOUR
昨年に続き、今年も広島に来てくれたcero。
昨年とはサポートメンバーが変わり新編成になったことで
同じ曲でも印象が変わるのが面白かったけど、どちらにせよ
ライブの軽やかさや心地よさ、そして微かな切なさは変わらず。
このままずっと何時間でも続けてくれたらいいのにと思っていた。
あと、広島だけ特別に「スマイル」を演ってくれたのも嬉しかった。
6位:MUSIC CUBE 16
初回から毎年皆勤のイベントだけど、今までで一番
参加者が少なく感じた二日間。でも、個人的には
Suchmosや雨のパレード、Awesome City Clubなど
例年以上に好みの系統のバンドが揃ってて、正直一番
楽しかった年かもしれない。この感じで来年も期待、と
思ってたら、なんか別のイベントに差し代わるという噂が…。

7位:LIVE GREEN 2016
本願寺広島別院で毎年行われているイベントに曽我部恵一&
UA登場。お目当てはもちろん、久々にライブで見る曽我部さん。
雨の中、曽我部さんの歌声に、周囲で走り回る子供の声が
混ざり合って和んでたけど、その後、初めてライブで見た
UAの存在感、歌力に全部持っていかれた。あの細い身体の
どこに、あれだけの情熱が溢れているんだろう。

8位:CRAZY KEN BAND TOUR "香港的士 2016"
BLUE LIVEでのライブも早5回目となるCKB。
横山剣デビュー35周年を記念して、ベストヒットの
ようなライブ構成。「タイガー&ドラゴン」に始まり
「スージー・ウォンの世界」に「GT」、「香港グランプリ」!
ひたすら熱く渋く盛り上がる一夜。剣さんもいつも以上に
楽しそうでノリにのってて、あっという間の2時間半だったよ。

9位:Czecho No Republic 『Welcome to the Hotel Flamingo Tour
チェコのライブも気づけば毎年見ているなあ。
昨年は初のクアトロワンマンということで、多少
硬さもあったけど、今年はいい感じに力が抜けてて
さらに楽しく眩しくなってた。涼やかな夏っぽさのある
新曲群も良かったし、「ネバーランド」や「Festival」
といった定番曲も相変わらず盛り上がるし、やっぱいいバンド。

10位:group_inou 『PUT release tour
いったん活動休止に入るイノウのラストツアー。
といっても解散する訳ではないので、いつも通り
マイペースにゆるく進行しつつ、曲が始まれば
勢いと疾走感と焦燥感とともに駆け抜けていく。
なんだかんだで唯一無二のコンビだよね。また
ふらっと復活する日を楽しみに待ってます。

10位:Turntable Films 「Small Town Talk」Release Tour 2016
尾道でライブをやるというので、鈍行に乗って
のんびり向かってみたら、会場はお洒落ハンバーガー
ショップでした。かなりこぢんまりとした雰囲気で
始まったライブはあまりに距離が近くてお互い
照れちゃいそうな感じでしたが、2時間たっぷり
やってくれて大満足。また広島にも来てね。

2015年版ベスト10
2014年版ベスト10
2013年版ベスト10
2012年版ベスト10
2011年版ベスト10
2010年版ベスト10
2009年版ベスト10












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1626-e7a6d5bd