c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

comic2016.jpg

今年は比較的、新しい作品が多めかな。集めてる数が
増えすぎて家の中がもう大変だけど、どうしても本の形で
読みたいから、電子書籍には未だに踏み出せずにいる。

1位:五十嵐大介『ディザインズ』1巻
可愛らしさとおぞましさが同居するファンタジーを
描いてきた五十嵐先生がたどり着いたのは、ハードSFの
極北だった。人間の頭とヒョウの身体を組み合わせた
ヒューマナイズド・アニマル(人化された動物)の
美しくもゾッとする造型や、噎せ返るような空気まで
感じる風景など、五十嵐カラー炸裂の本作。まだ物語は
始まったばかりで全貌はつかめないけど、冒頭から静かに
血と硝煙が漂ってくる世界に魅了された。カエルのHAである
主人公クーベルチュールの神秘的な可愛らしさも絶妙。
連載はスローペースだけど、完結まできっちり見届けたい。

2位:施川ユウキ『ヨルとネル
身長11cmのこびと姿になった少年ふたりの逃走劇。
いつもの施川作品らしい言葉遊び系四コマ漫画にしては
最初からどこか不穏な空気が流れているなとは思ったけど
まさかああいう結末に向かって進んでいるとは…。終盤、
ヨルの告白以降は、ただ茫然とページをめくることしか
できなかった。ふたりが逃げ続け、目指していた場所。
そのことを思うと、胸に穴が開いたような感覚を覚える。
こんなほのぼのした絵柄で、これほどの喪失感を
与えられるなんて、もはや詐欺じゃないか。ずるい。

3位:清家雪子『月に吠えらんねえ』5・6巻
もう毎年ランクに入れてる本作ですが、巻を増すごとに
精神をぶん殴ってくる勢いが強まってきているような。
6巻のじりじり追い込んでくる展開もしんどかったけど
白眉はやはり、日本の近代詩とは何だったのかという問いに
踏み込むため、戦争詩まで含めて総括した5巻 第二十六話
「純正詩論」だろう。この作品がどこから来て、どこへ向かうのか。
その一端が垣間見えた瞬間。結末は近いのかもしれないが、
その時が来たら目を逸らさず、正面から見据えたい。

4位:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』1~3巻
まさかこの年になって、毎週ジャンプが楽しみになる日が
来ようとは。ジョジョの第5部が盛り上がってた時以来かも。
それくらい今一番熱い少年漫画だと思う。とにかく主人公の兄妹が
今時珍しいくらい真っ直ぐで、心が汚れたおっさん読者でさえ
素直に応援したくなる尊さ。そこに加えて、3巻以降は濃くて
騒々しい味方キャラクターも増え、主人公の真面目さは天然さに
反転し、訳のわからない面白さと勢いが加速。来年には
ジョジョから連綿と続くジャンプ裏看板の座に着くと確信してる。

5位:堀尾省太『ゴールデンゴールド』1巻
刻刻』に続き、一言では説明しづらい作品を描く
堀尾先生最新作。海岸で拾ってきた置物が福の神となって
リアルに動き出し、次々とご利益を授けるギャグ漫画…
と思わせてからの、人間の欲望が暴走してゆく民話系ホラーへ
真っ逆さま。先が読めないけど、間違いなくバッドエンドに
向かってることだけは分かってしまう不穏作。あと瀬戸内海の
島が舞台なので、ちょこちょこ広島ローカルネタが出てきて楽しい。
6位:木村紺『マイボーイ』4巻
前作『からん』に続き、またしても打ち切りみたいな
終わり方を迎えた木村紺作品。面白くないなら
仕方ないけど、テクニカルなボクシング漫画としても
キャラクターを深掘りした群像劇としても、めっちゃ
面白かったっちゅーねん!(怒) 響とチョビの仲直り旅も
しみじみ良かったし、どこかで復活してくれないかなあ。

7位:九井諒子『ダンジョン飯』3巻
ダンジョンRPGグルメ漫画第3巻は、とにかくマルシルと
ライオスの妹ファリンの出会いを描いたエピソードが
ひたすらツボだった。正反対のふたりが仲良くなるのも
自然だったし、こういう背景があるとなんか妙に愛着
湧くよね。今巻ではそんなマルシルが、寄生虫食を全力で
嫌がる姿や、蛙スーツに身を包む姿が見られてお得です。

8位:福満しげゆき『妻に恋する66の方法』1巻
うち妻』の完結や『僕の小規模な生活』の打ち切りを
乗り越え、福満一家が帰ってきたよ! マンガのコマが
ゴチャつくからという身も蓋もない理由で子供の出番は
激減し、いつもの愚痴ネタも抑えられ、ほぼ妻ネタオンリー。
なのにまったくネタが尽きないこの愛妻家ぶり。しかもちゃんと
面白いという。もう妻がおばあちゃんになるまで描き続けてほしい。

9位:遠藤浩輝『ソフトメタルヴァンパイア』1巻
8年ぶりにアフタヌーン本誌に帰還した遠藤先生最新作。
血と脳漿と下ネタと吸血族と金属と爆発と下ネタと
もりもり詰め込みまくったケレン味溢れるSFファンタジー。
今のところ、そこまで目新しさはないんだけど、勢いと
情報の出し方でぐいぐい持っていかれる感じ。『EDEN』とは
異なり、いい意味で軽さもあるので続きも楽しめそう。

10位:藤本タツキ『ファイアパンチ』1・2巻
第1話のどぎつい描写で局地的に話題になっていた
ダークファンタジーは、2巻で斜め上に急旋回。
あれだけ悲壮感漂っていた主人公が置いてけぼりに
なるくらい、途中で出てきた自己中の無敵狂人トガタが
大暴走。ストーリーもメタにつぐメタで、もうなんだか
分かんねえな(笑)。でも、妙にクセになる読後感。

10位:荒木飛呂彦『ジョジョリオン』13巻
記憶を失っていた主人公・定助の過去がついに明らかに。
空条仗世文と吉良吉影。ふたりが互いを思いやる心こそが
定助という存在を生み出していた。これこそが、正しく
人間讃歌。ジョジョはこういう熱く崇高なシーンがあるから
シビれるし、あこがれる。このシリーズは何巻まで続くか
分からないけど、この回が読めただけで既に満足です。

2015年版ベスト10
2014年版ベスト10
2013年版ベスト10
2012年版ベスト10
2011年版ベスト10
2010年版ベスト10
2009年版ベスト10
2008年版ベスト10
2007年版ベスト10
2006年版ベスト10












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1623-b0a64291