c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

konosekai.jpg

こうの史代(『夕凪の街 桜の国』)原作、片渕須直監督、
のん(能年玲奈)主演、コトリンゴ劇伴担当による
アニメーション映画。クラウドファンディングの支援を
契機に制作が進行し、無事完成の日を迎えたという。
昭和19年、広島県呉市。
絵を描くことが好きで、どこか幼さを残す“すず”は
見知らぬ男性に見初められ、広島市・江波から
呉へ嫁ぐことに。戦争が影を落とす中でも、すずや
周りの人々は日々の生活をたおやかに、笑いさえ
忘れることなく、地に足を着けて過ごしていた。

本作は、こうのさんの柔らかいタッチを完全に再現。
少し等身が低くて、柔らかく可愛らしいキャラクターが
するすると動いていく様を眺めているだけでも
心地よく、胸の奥があったかくなる。戦争の時代を
舞台にしておきながら、これほどユーモラスで微笑ましくて
ふわっと和らぐ気持ちになれる作品は唯一無二かもしれない。
でも、それだけではなく、後半の“欠落”以降は、鉛を
飲み込んだような鈍い衝撃が、ずっと漂い続けることになる。

そうしたキャラクターと同じくらい、重要な位置を
占めるのが、背後に広がる広島の風景。嫁いでいった
呉の街はもちろん、原爆によって今は失われた
広島市内の街並みが、スクリーン上に鮮やかに蘇る。
監督自ら何度も広島に通うことで一軒一軒を再現し、
背景の人物一人ひとりも実在の人物を復元するという
凄まじい労力がかけられているとか。こうした背景の
おかげで、作品は異様な説得力をもって眼前に迫ってくる。

ただ、こうした様々な腐心や工夫の結果生み出されたのが
安易に「泣ける」とか「感動する」物語ではなく、きわめて
抑制のきいた、淡々とした日常であったことが、何より
心に沁みた。水を汲み、配給品を受け取りに行き、毎日の
食事を作り、家族とともに床に就き、また朝を迎える。
その延長線上に今の時代がつながっていることを、まざまざと
実感させてくれた。映画を見終わっても泣くことはなかったけど
映画館を出た後、映画館の、あの席に、自分の心を置いてきて
しまったような感覚に囚われて、しばらくざわざわしたままだった。

katasumini.jpg












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1618-ccd22e50