c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

hitlerisback.jpg

2014年、ベルリン。
枯葉舞う空き地で、一人の男が目を覚ました。
特徴的な髪型、髭を整えた彼は、70年前に自殺した
アドルフ・ヒトラーその人であった―。
現代に蘇ったヒトラーがモノマネ芸人と間違われて
テレビの世界に進出し、やがて大きな支持を得ていく
という悪夢のようなブラック・コメディ。前半は
ゆるい構成と分かりやすいギャグの応酬で、ちょっと
脱力しつつ普通に笑ってたんだけど、話が進むに連れて
徐々に不穏な空気が流れ込んでくる。特にタチが悪いのが
全編作り物のフィクションではなく、ドキュメンタリー
部分を巧妙に織り交ぜてくるところ。つまりヒトラー
そっくりの男を実際に街で歩かせ、一般人の反応を
うかがうという底意地の悪さ(笑)。でもヒトラーを
前にして、“普通”の人々が話しかける内容が
今の政治への不信であったり、移民への反感など
だんだん笑ってる場合じゃなくなってくるという。
虚実入り混じったまま走り続けたストーリーは
そのまま、今という時代を生きる自分たちへも切っ先を
突きつける。映画館を出た後も、映画の世界と地続きに
なっているような感覚に囚われ、ただただ滅入った。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1587-d13f9d2d