c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

singstreet.jpg

80年代、アイルランド・ダブリン。
父親の失業を契機に、私立校から学費の安い公立校
シング・ストリート校へ転校することになったコナー。
そこは私立と違い、煙草、暴力、弱い者いじめが
横行する、荒れた学校だった。気弱なコナーは早速
目を付けられるが、校門前で一人の年上の少女と
出会ったことで、彼の生活は少しずつ変わっていく。
モデルをやっていると自称する彼女の気を引くため
主人公がとっさに口走ったのが「僕のバンドのビデオに
出ない?」という一言。ここからストーリーも一気に
進行する。バンドどころか友達もいない状況から
一人ずつ仲間を集め、歌詞を書き、曲をつくる。この時
特に力になった人物が二名。一人は、父親がバンドを
やっているため、どんな楽器でも演奏できるエイモン。
寡黙でウサギを愛し、大きな眼鏡が特徴の彼は、主人公の
曲作りに常に寄り添い、音楽とバンドのためならとことん
付き合ってくれる熱い奴。でも口数は少なく、表面上は
クールに見えるのが、より愛らしさを増してる感じ。
こういう友だちほしかったなー。

そしてもう一人は、主人公の兄であるブレンダン。
大学中退後、引き篭り状態ながら、音楽とは、ロックとは
何かを主人公に叩き込む。弟が夢を叶えるためなら、時には
キツい口調で発破をかけたりもするけど、実は誰よりも
繊細な人物で、両親の不仲に一番傷ついてきた。そんな彼が
母親の背を見ながら静かに語るシーンと、激情したあまり
思わず弟に心情を吐露する瞬間は、切なさと哀しさと
やりきれなさで、胸が詰まりそうになった。

そうしたストーリーやキャラクターの趣深さもありつつ
この作品が最高なのは、劇中にかかる楽曲群がことごとく
素晴らしいから。デュラン・デュランやザ・キュアー
などなど、80年代を代表するUKロックバンドの名曲は
もちろん、主人公たちのバンドが奏でるオリジナル曲も
結成したばかりとは思えないくらいクオリティ高くて
引き込まれる。この場面で、こんな瑞々しくキラキラした曲が
かかったら、そら泣けるし胸掴まれるし身体も動くやろーって
思ってしまうくらい曲が良すぎて、正直ずるいと思った(笑)
あの頃の青さと眩しさ、情熱を感じたい人に、おすすめの一本。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1586-624671ba