c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

bbhamai1.jpg

今月、カサブランカビル1階にできた和食屋さんに
行ってきた。最近、この辺りは来てなかったけど
いつの間にか、お店がいろいろ入れ替わってたよ。
店内は、あまり和食屋さんぽくないモダンな造り。
6席ほどのゆったりしたカウンターと、テーブル席で構成。
カウンター中央の席を勧められたので、真ん中に座り
まずは瓶ビール(黒ラベル)。メニューを見ると、
西日本を中心に全国から仕入れた魚介が盛りだくさん。
その中から、山口産・白ばい貝の旨煮と、愛媛の亀の手
塩茹でを注文。白ばい貝は超巨大サイズで、旨み凝縮。
煮汁も味わい深くて、一滴も残さず食べ尽くす。久々に
食べた亀の手はあっさりジューシーで、ぷちぷちした
食感が酒のつまみにぴったり。なのでビールから即、
日本酒へ。一杯目は「花陽浴」純米吟醸生原酒。とろり
濃厚な飲み口が心地よく、するりと飲める一杯。

続いて、お造り盛り合わせ。最初、サービスとして
ちょこっと出してもらった大とろの炙りは、口内で
とろけて美味しかった。盛り合わせは、スズキ、オコゼ、
大羽いわしの三種盛り。6種の味付け(醤油2種、抹茶塩、
藻塩、わさび、梅ダレ)で自分好みにしていただく。昆布で
締めたねっとりスズキに、もっちりオコゼも良かったけど
脂がのって濃厚な大羽いわしが印象的。わさび塩や梅ダレが
特によく合ってたな。ここでお酒は「白鴻」元晴 純米原酒を
ぬる燗にしてもらい、鮎の姿焼きを追加。じっくり火を通した
岐阜産の鮎は、ぱりっとした皮と柔らかくふっくらした身、
上品な苦みのあるわたが渾然一体となって、複雑な旨みを醸成。
これはもうお酒止まらないね。というわけで、開店祝いに
いただいたという「黒龍」しずく大吟醸を大将から少し
お裾分けしてもらった後は、最後の締めとして甘鯛の煮付けと
白ごはん。半身を使った煮付けは、しっとり仕上がった身に
味が沁み渡って抜群。この煮汁をごはんにかけて食べたら
なお良し。最後の最後まで美味しかった。

ほどよくお洒落な店内で、厳選された旬の魚介を味わえる
良いお店でした。魚に詳しい大将や、お酒好きの店員さんと
いろいろ話しながら、自分のペース&好みに合わせて楽しめます。
街中で、美味しいお魚を食べたくなった時におすすめ。

■美酒美肴はまゐ/広島市中区流川町5-19[18:00~23:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1569-7ba74ffa