c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

徳島の夜は更けて、酒場から酒場へ渡り歩きます。
ところで、今回一番謎だったのは、徳島の橋は夜光る
ということ。静かに川が流れる上で、人知れず
色鮮やかに明滅する橋の姿は、どこか哀愁を感じた。

vicore.jpg

『ヴィコレ』
一軒目で訪れた『もっちゃん』のすぐ隣にあったお店。
青く輝く看板を見たら日本酒Barと書いてあったので
酔った勢いもあって、迷うことなく扉を開けてみた。
抑えめの照明の下で広がる店内は、予想外にシンプル
モダンな空間。整然とお盆がセッティングされた
カウンターを見ると、バーというより料理店という雰囲気。
店主は、落ち着きとちゃきちゃきが混ざり合ったような
説明上手の女性で、全国の銘酒を取り揃え。でもせっかく
徳島に来たのだから、徳島の地酒をぬる燗でお願いする。
一杯目は『もっちゃん』でも飲んだ「芳水」。ただし
こちらは特別純米。どっしりとしたちろりで温められた
燗酒は口当たりよく、まろやかで飲みやすい。さらに
お酒に合わせて料理もいろいろ出してもらえるらしいけど
二軒目なので控えめにしてもらった。まずはしっとり上品な
ごま豆腐。続いて、ひらめの刺身と鱧の湯引き。本日二度目の
ひらめですが、しっとり甘み漂うこちらのひらめも美味しかった。
そして二杯目のお酒は、「旭若松」純米。これは色濃く、味も
ぐっと濃醇な一杯。追加で頼んだポテトサラダと合わせても旨い。
最後に締めとして、カウンターに並んでた山葵おむすびを頼むと
味噌汁も一緒に出してくれました。しかも、すだち入り!
小さくカットされたすだちが浮かぶ味噌汁は初体験でしたが
ほのかな酸味が意外と合うのね。さすが徳島。さらに、もう
お店閉めるからと言って、残りのおむすびも全部お土産にして
もらったよ。居心地もよくて、いいお店でした。

■日本酒Bar ViCORE/徳島市富田町2-29[18:00~23:00]

barkohno.jpg

『Bar 鴻』
時間が経つにつれ、雨脚が強くなってきたので
はしご酒は三軒目で終了することに。その三軒目に
選んだのは、ビルの3階にあるオーセンティックバー。
お篭り感のある店内で迎えてくれるバーテンダーさんは
物腰柔らかく穏やかで、初めて訪れた客でもすぐに
寛げる雰囲気。一杯目は徳島っぽいものをと思い頼んだ
「徳島ハイボール」。すだちと和三盆糖を使用してて
すっきりとした酸味が喉を通り抜ける感覚が心地いい。
チャームは、軽く炒めたアスパラやソーセージ、玉子の
バゲットに加え、冷製コンソメスープも。このスープが
妙に美味しかった。この後はバーテンダーさんや、隣席に
座っていた地元のお客さんと徳島についていろいろ話したり
教えてもらったりしてたけど、思った以上に酔いが
回ってることに気づいたので、最後の最後はサイドカーで
締めてお会計。でもホント、楽しい夜だった。徳島って
ちゃんと訪れるのは初めてだけど、三軒回っただけでも
いいお店が揃ってるんだなあと実感した。また飲みに来なきゃ。

■Bar 鴻/徳島市栄町1-67-2-3F[19:00~26:00]

sinmachibashi.jpg

hureaibashi.jpg

▲ちなみに、これが夜中にひっそり光ってた橋。
うまく撮れてないけど、本当はもっとカラフルです












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1566-79faad58