c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

kurandmocchan.jpg

徳島の夜にまず向かったのは、富田町の一角に位置する
和食屋さん。この周辺は、いい感じの日本料理店が数軒
立ち並んでおり、一帯に落ち着いた雰囲気が漂っていた。
しっとり落ち着いた外観に反し、カウンター8席と
テーブルがずらり広がる店内は意外と活気があって大繁盛。
そのカウンターほぼ中央に着き、まずは生ビール(プレモル)。
そして長いお品書きを手に取ると、魚介を中心にお造りから
焼物、酢物、揚物などなど魅惑のメニューがラインナップ。
とりあえず考える時間が欲しかったので、お刺身の六種盛りだけ
頼んで、しばらく悩み続ける。そしたら、思ったより早く
お刺身来ちゃって無駄に慌てるという(笑)。内容は
ひらめ、さば、とり貝、カツオ、アジ、イカのうにのせ。
最初はやはり、ひらめから。もちもち具合が心地よく旨い。
結構大ぶりのとり貝や、すっきり甘いアジも良かったし
厚切りで、ねっとりとろけるカツオは特に美味しかった。
刺身に合わせ、ビールから日本酒へ。お酒の種類は少なめ
でしたが、メニュー以外にも数種揃ってる模様。でも徳島の
普段のお酒も飲んでみたくて、とりあえずメニューに載ってた
「芳水」吟醸なまざけ。クセがなくさらっと飲める一杯。

で、悩みに悩んだ末に選んだ料理は、あわびやわらか蒸しに
キャベツとイカの酒盗炒め。あわびを丸ごと1個使った
やわらか蒸しは、名前通りしっとり柔らかく、その身に
すうっと歯が吸い込まれる感覚。そして噛み切った瞬間
あわびの香りと旨みが立ち上ってきて抜群。この日食べた中で
一番好きかも。ほのかな塩っぱさがキャベツとイカの
甘みを引き立てる酒盗炒めは、キャベツのさくさく感も
加わって、箸が止まらなくなるやつ。これも旨いなあ。
あと徳島といえば、わかめと鯛のイメージがあるので、
たこと天然わかめ酢。真鯛はメニューになかったから
代わりに金目鯛のかま焼を追加。茗荷もたっぷり添えられた
わかめ酢はまったり穏やかな酢味噌とともに。わかめは
そこまで違いは分からなかったけど歯応えよくて、たことの
相性もばっちり。色鮮やかな金目鯛は、表面の皮パリッと
中身ふっくらほくほくで、しみじみ旨い。このまま
ごはんもので締めても良かったけど、夜の町をもう少し
回ってみたかったので、ここでお会計しました。

一品あたりの値段はそこそこするけど、どれも素材が良く
その良いところをぐっと引き立てる料理ばかりで満喫できた。
お店の雰囲気も、ほどよくカジュアルで過ごしやすかったし
また徳島に来る機会があれば再訪して、今回悩みまくって
頼めなかった気になるメニューを制覇したいな。

■食らんど もっちゃん/徳島市富田町2-29[18:00~24:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1565-6b924736