c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

osenkoami.jpg

小網町電停目の前、『コルドベッサ』の向かいにできた
和食とお酒の店。この界隈に来るのは久々だったけど
いくつかのお店が、ちょこちょこ入れ替わってた。
細長くシンプルな店内は、カウンター6~7席&テーブルで
構成されており、カウンター正面、おくどさん風の厨房
黒壁が印象的。席に着き、まずはビール。生ビールの他、
クラシックラガー、スーパードライ、サッポロ黒ラベルと
瓶ビールは3メーカー勢揃いだったので、男は黙って
黒ラベル。同時に出されたお通しは、鯛の白子ポン酢。
初っ端から、とろり柔らかい白子登場でテンション上がる。
春っぽい料理満載のメニューからは、鯛の子と春野菜の焚合せ、
茄子とズッキーニの揚げ浸し、刺身の盛り合わせ。ふきや筍、
ワカメとともに盛られた焚合せは、淡い出汁が上品で抜群。
この出汁だけ延々飲み続けたい(笑)。しっとりした食感の
鯛の子もしみじみ旨いなあ。揚げ浸しには、くみ湯葉が添えられ
べっこうあんがたっぷりかかっている。さっぱりした茄子&
ズッキーニと、ほのかな甘み漂うべっこうあんの組み合わせは
春らしい爽やかさ。これに合わせるお酒を探してみたところ
雨後の月や亀齢、白鴻、誠鏡、宝剣といった地酒を筆頭に
御前酒9、男自慢、原田、王祿、天隠、九平次、而今、開運などなど
全国の名酒が十数種類ラインナップ。この中から、久々に見た
「若波」純米吟醸をグラスで。香りよく、クリアな一杯。

刺し盛りは、鯛、水いか、タコ、穴子の4種盛り。
心持ち熟成させた鯛は、しっとり柔らかく味わい深い。
あと、焼霜造りの穴子がほのかに香ばしく、軽快な食感で
特に美味しかった。この後、じっくりメニューを見直すと
野菜や魚だけでなく、肉料理も揃っていたけど、今回はあえて
魚料理に絞ろうと思い、でべらの炙りに稚鮎の唐揚げ追加。
でべらはかなり大きめサイズで、頭部分はパリパリ、身は
噛み応えのある硬めの仕上がり。噛めば噛むほど口内に味が
広がってくるので、「玉川」純米山廃・無ろか生原酒の燗を
合わせてみると、より風味が増す。そのせいか、ついつい
酒量も増えてしまい、続いて「越の井月」も頼もうと思ったら
生憎品切れ中だったので、「高津川」純米酒の燗酒に変更。

でべらも大きかったけど、稚鮎も輪をかけて大ぶり。
でもカラっと揚がってさくさく軽やかなので、いくらでも
食べられる。かすかな苦みも、ちょうどいい塩梅で旨し。
食後感も軽く、まだまだ食べられそうだったけど、ここで
いったん締めに。すっぽん鍋や、すっぽんにゅうめんにも
後ろ髪を引かれつつ、最後に選んだのは、うなぎ茶漬け。
濃厚なタレに包まれたうなぎをごはんに載せ、上から
お茶(出汁だったかも…)をかけて、さらさらと一息に
かきこむと、しみじみ幸せ気分。あー、美味しかった。

一品料理は、700~1000円台が中心価格帯ですが
どれも上品な味わいで、かつ分量もほどよくあり
満足感高め。あと、おまかせ料理が3000円くらいから
あるみたいなので、次はそれを頼んでみたいな。

■小網町 おせん
/広島市中区小網町3-20[11:30~14:00、17:00~23:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1551-d931d603