c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

molulu15.jpg

昨年のツアーでいったんライブ活動を休止していた
モーモールルギャバンが、新アルバムを引っさげて
再び活動再開。10月にナミキジャンクションから
改名したセカンド・クラッチでのライブに行ってきた。
今回は「Champs-Elysees de ツーマン」と冠して
いる通り、ツーマン・ツアーということで、他会場は
Awesome City Clubとか、POLYSICS、tricot、
group_inou、女王蜂、キュウソあたりがラインナップ
されているのに、なぜか広島はひめキュンフルーツ缶という
アイドルが対バン相手。仕事で遅れたからちょっとしか
見られなかったけど、音的にはアイドルというより
ロック寄りな感じだったから、バックバンドがいれば
もっと面白そうな気がした。なんとなくですが。

そして、モーモー。
アーティスト写真の時点で気づいてたけど、三人とも
無駄に派手になりすぎ。ゲイリーとかキンシコウみたいに
なっとるやないか(笑)。誰か止める人おらんかったのか。
そんな見た目はともかく、曲は相変わらず熱くてポップで
切なくて素敵。ライブは軽快な「ハイパーライター」で始まり、
胸に切なさ突き刺さる冒頭から一気に盛り上げていく
「クレイジーベイビー」で2曲目にして既に大団円感。もう
エンディング迎えるのかよ!ってつっこみたくなるくらい
仕上がってた。さらにここへ「細胞9」、「烏龍ハイ」、
「ユキちゃんの遺伝子」と立て続けに鉄板曲ぶち込むから
フロア狂乱。このパートが一番熱くて大変だった。

中盤からは再び新譜ゾーン。
「さらば人類」といい、「紅のベッド」といい
曲調がいくら激しくても、ゲイリーの歌声はなんで
あんなに胸の奥の方まで沁みてくるんだろうな。
変な髪形でパンツ一丁なのに。納得いかない(笑)。
脱力系の前半から突如切ない方向に舵を切ってくる
「裸族」もずるくて好きだ。そんなゲイリーがバンドを
始めるきっかけになったのがユニコーンということで
「大迷惑」独唱をちょこっと聴けたのも良かった。

終盤は「サノバ・ビッチェ」からの「ユキちゃん」、
そして「サイケな恋人」と定番ながら怒涛の流れ。
どの曲も、これで本編終わっちゃうんじゃないかって
思うくらい一曲一曲鬼気迫ったテンションで、熱くなる。
アンコールは、今回「野口」がなかったからほとんど
喋らなかったマルちゃん単独MCでスタート。衣装の
説明聞くと、もろアレ仕様だったので会場ドン引き(笑)。
で、一曲目は珍しくアンコールに配置された
「Mr.Coke-High」からの、「スシェンコ」で終了。
活動休止からの復活といっても、充電期間は1年半ほど
だから、勢いはそのままに、より熱く楽しかった。
これからも年に一回くらいはライブに来てほしいな。

<Tour 2015 “Would you be my friend?”>
[11/2 mon.]open18:30/start19:00
@セカンド・クラッチ/広島市中区堀川町4-20-4F
ハイパーライター
クレイジーベイビー
細胞9
POP!烏龍ハイ
ユキちゃんの遺伝子
さらば人類
紅のベッド
裸族
N
LoVe SHouT!
バイララ
サノバ・ビッチェ
ユキちゃん
サイケな恋人
[ENCORE]
Hello!! Mr.Coke-High
スシェンコ・トロブリスキー












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1500-2144bade