c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

ss1yanagi.jpg

銀座一丁目にあるお鮨屋さん。
今回の東京行は日帰りで、お昼に行く店だけ探したけど
連休の真っ最中だからどこも大体お休み。そんな中
やっと営業してるのを見つけたのが、こちらのお店。
ほどよく空間に広がりがある店内には、10席ほどの
L字型カウンターがのびる。ほぼ真ん中の席に着き
まずはヱビスビール小瓶。メニューには、つまみと
握りのおまかせコースもあったけど、ライブ前なので
握りのコースを注文。お通しにワカメとハスイモの
酢の物が出た後、まず一貫目は鯛の昆布締め。
香りよく、しっとり柔らかいネタに対し、シャリは
口に入れた瞬間はふんわりしてるのに、噛んでいると
しっかりとした輪郭を伴う、どこか穏やかな握り。

鯛に続いて、イサキと白川。イサキは後味にすっきりした
甘さが残る。白川(シロアマダイ)は、今まであまり
食べたことなかったけど、吸い付いてくるようなもちもち感で
旨い。ここでビールを日本酒(〆張鶴)に変えた後、漬け、
中とろ、大とろの鮪尽くし。ネタがシャリを挟み込むような
形状で、鮪の味がダイレクトに届く。特に中とろは、味が
濃いというか旨みが濃ゆかったな。中盤はシンイカ、さんま、
コハダ、アジ、車海老。シンイカはさくっとした食感で
やっぱり美味しいね。最初は穏やかだと思ったのに、
噛んでいるうちに酸味が広がっていくコハダも良かったし、
かなり肉厚のアジも抜群。海老はぷりぷりを通り越して
ぎゅむぎゅむに身が締まってた。旨い。

そして終盤は、イクラ、ムラサキウニ、煮ハマグリ、穴子、
とろたく、玉子焼き&べったら漬けに、しじみの味噌汁。
このイクラが透き通った鮮烈な味わいで、食べているというより
飲んでいるような喉越し。これは追加すればよかったかも。
ムラサキウニは軍艦ではなく普通の握りで、心地よい甘さ。
柚子と塩で味付けした穴子も美味しかった。ここまでで
十分満足してたけど、さくさく爽やかなべったら漬けを
食べてたらなぜか食欲が復活してしまったので、コースに
入ってなかった金目鯛と鯖も追加。鯖は締め具合がちょうど
よく、金目鯛は甘くとろけるように口内で消えていった。

最初に感じたように、優しく穏やかだけど、それだけじゃなく
芯の強さも感じるような握りでした。お値段も銀座にしては
高すぎず、お店も緊張しないでゆったり過ごせる雰囲気で
居心地よかった。一度は夜にも訪れてみたいな。

■すし家 一柳/東京都中央区銀座1-5-14[11:30~14:00、17:00~22:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1481-eb0ffa65