kuro score >>> cross core !!!

チャッピー

chappiemovie1.jpg

第9地区』、『エリジウム』のニール・ブロムカンプ監督
最新作。配給元の判断で、日本公開版は後半の一部暴力
シーンがカットされたため、正直見に行くか悩んだけど
この監督の作品は見ておきたかったので、初日に映画館へ。
2016年、南アフリカ・ヨハネスブルグ。
世界有数の犯罪発生率に対処するため、警察は兵器企業が
生み出したロボット警官「スカウト」を大量投入する。
指示通り行動し、不死身の身体を持つロボットのおかげで
犯罪率は激減するが、彼らの生みの親であるエンジニア・
ディオンはさらにその先、自ら考え行動するAI(人工知能)を
備えたロボットの開発を目指していた。

『第9地区』に続き、監督の故郷ヨハネスブルグを舞台に
しており、独特の乾いた世界がなんとも言えない味わいを
感じさせる。そんなドライで容赦のない争いの渦中に
生み出されたAIロボット・チャッピーは、見た目の無骨さに
反し、小動物のような可愛らしさを併せ持つ。最初に
目覚めた時なんて、完全に子犬だもん(笑)。だからこそ
ロボットゆえに戦うことを求められ、怯えながら暴力の
世界へ放り込まれる様は、ひたすら切なく哀しい。
ストーリー自体は決して目新しさがある訳ではないけれど
このチャッピーの愛らしい性格、造型のおかげで、特別な
作品へと昇華。終盤は、ちょっと突っ込みたくなるような
超展開に突入するが、これまでの監督作を振り返ると
納得してしまう結末だし、個人的にはわくわくした。
人は中身が大事。これが監督のメッセージの一つなんだけど
それ以上に、実は奇妙な外見も大好きだという想いが
透けて見えるから微笑ましいし、信用できると思った。

chappiemovie2.jpg

Comments 0