c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

dontsukih.jpg

貝料理の専門店ができたということで伺ってきた。
広島で牡蠣料理のお店はよく見かけるけど、貝料理を
謳うのは珍しいな。場所は立町の『竹のした』そばの
路地奥。入口は、新天地の『Chameleon』と似た
仕様で、初見だとかなり分かりにくいかも。
お店の中はこぢんまりとしたL字カウンターに8席と
二階にも席があるようです。とりあえずビール頼んで
生牡蠣3種盛りをお願いしようと思ったら、既に売切れ。
鮮度が重視される貝類メインだから、遅めの時間帯だと
品切れも多いみたい。代わりに、貝刺身盛り合わせと
貝の旨煮、大蛤の一個鍋を注文。つき出しは、たいらぎの
握りで、続く刺し盛りは白みる貝、ニシ貝、しめ鯖、
うに&ホタテ、そして赤貝の握り。レモンの上にのった
みる貝はさくさくの食感と相俟って爽やか仕上げ。一転
ニシ貝は納豆醤油で濃いめに味つけと、味わいの急変化が
楽しい。少数精鋭という感じの日本酒ラインナップから
まずはバランスよく綺麗な「羽根屋」を合わせる。

千葉産という大蛤は名前の通りかなり大きくて、鍋の
大半を覆ってしまうほど。肉厚で柔らかい身と、優しい
出汁の旨みも好相性。さざえの旨煮は、横にアワビの
肝も添えて。旨煮も美味しかったけど、この肝が抜群に
お酒に合うので、直ちに「宮の井」熱燗を。穏やかな
お酒に濃厚な肝の風味が絡んで、至福のひととき。
この後は里芋の貝あんかけと、焼き貝盛り合わせ追加。
ほっこりした里芋にたっぷりのあんと、こりこりした
数種の貝がかけられた熱々あんかけも、今のような
寒い季節にふさわしい。お酒も「神亀」熱燗に変え
最後は七輪にのって登場した焼き貝。ホタテはシンプルに
焼いたものと、濃いバター醤油の二種類を食べ比べ。
そして、さざえの壷焼きに、ヒオウギ貝のバジル焼き。
七輪があるとはいえ自分で焼くのではなく、ちゃんと
お店の方が焼いたものを七輪上にのせてくれるから
火の入り方もばっちりで旨い。特に身がたっぷり入ってて
肝の苦みも繊細なさざえが良かった。この他にもまだまだ
気になる貝メニューが揃ってたし、何より牡蠣リベンジも
果たしたいので、冬のうちに再訪したいな。

■貝専 どんつき左/広島市中区立町3-23[17:00~24:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1393-04c8751f