kuro score >>> cross core !!!

中新地, again

この前うろうろした時に気になった中新地通り沿いの
お店を巡るため、再び徘徊。狭い範囲にいろんなお店が
ぎゅっと詰まってて、いい感じだったよ。

kadonoosg.jpg

『かど乃 おすぎ』
店名の由来なのかどうか分からないけど、まさしく
通りのかどに位置するお店。8席ほどのL字カウンターと
テーブルだけで構成される、こぢんまりした良い雰囲気。

生ビールを頼むと、つき出しにカリフラワーの柚子胡椒
マリネ。この色鮮やかで、さっぱりした一品をつまみつつ
メニューを見ると、刺身は穴子の炙り刺しを筆頭に数種類
並んでたものの、盛り合わせはやってないということで
マナガツオを。あとはズワイガニと野菜のテリーヌ。パプリカ、
人参、エリンギ、椎茸、さやいんげん、ヤングコーンなど
多種多彩の野菜が詰まったテリーヌは、梅肉&辛子酢味噌
二種のソースでいただく。これもあっさり仕様で、前菜に
ぴったり。皮目をさっと炙ったマナガツオは、しっとりした
柔らかさ。口の中でとけていく。ここで日本酒へ。一杯目は
優しい甘さがさらりと通り抜けていく「東洋美人」原点。
続いて店員さんおすすめメニューから、白子ポン酢と
里芋の揚げ出し。大ぶりの白子は、あったかくて
とろとろで、上品な甘さ。これいくつでも食べられるな。
表面さくふわ、中身ねっとりほくほくの揚げ出しも絶妙。
里芋は煮物もいいけど揚げ出しが一番好きかも。お酒は
「鳳凰美田」WINE CELL 純米吟醸ぬる燗、「白鴻」純米&
「紀土」純米の熱燗とぐいぐい飲み進み、料理の締めは
セコガニ(ハーフ)と、牡蠣のタタキ。内子の詰まった
セコガニは食べやすくさばいてあるし、熱燗との相性
最高だし言うことなし。ねぎにカイワレ、水菜、紅葉おろしと
薬味盛りだくさんの牡蠣も香ばしくて旨かった。料理は
他に、ばい貝の有馬山椒煮とか、天然猪の燻製とか魅惑の
メニューも並んでたので、次回訪問時に頼んでみたい。

■かど乃 おすぎ/広島市中区薬研堀7-10[17:30~24:00]

minoruminowa.jpg

『みのわ』
『かど乃 おすぎ』の2階にある焼鳥屋さん。
カウンターに7席と、お座敷席あり。ビールは黒ラベルの
生をはじめ、赤星、ハートランド、ギネスと個人的に
テンション上がるラインナップ。まずはやっぱり赤星から。
焼鳥は皮が売り切れてたので、それ以外から白肝に若もも、
砂ずり、せせり、さびやき、白ねぎ。焼き上がる前に
おでん(厚揚げ、牛すじ)も注文。濃い見た目に反し
あっさり仕上げ。ちびちびつまんでビールを空けた頃
焼鳥次々登場。塩でお願いした白肝は、かなり大ぶりで
ほろりとろける味わい。ちょっと駅西某店を彷彿させるが
旨いなあこれ。こりこりさくさくの砂ずりや、ジューシーな
せせりも良いし、むっちりした若ももに、山葵がつーんと
利いたふっくら&しっとりさびやきも抜群。即、ギネス→
黒霧島お湯割り。後半は、はつ、ぼんじり、つくね、椎茸、
梅しそ。はつも予想外に大ぶり&ワイルド仕様で、歯に
吸い付くような食感が心地いい。香ばしいぼんじり、さっぱり
梅しそに続き、これまた塩で頼んだつくねは、どこか懐かしい
昔のマルシンハンバーグ上品版といった趣。これには、おっさん
感涙(笑)。値段も手頃なので、気軽に通いたくなるお店です。

■みのわ/広島市中区薬研堀7-10-2F[18:00~26:30]

gzcenter.jpg

『流川餃子センター』
しょっちゅう店の前を通るので、気になってたお店にも
今回初訪問。間口は狭く、奥に向かって細長い店内は
昔ながらの雰囲気。二軒目に訪れたので、とりあえず
瓶ビールと餃子一人前。一人前で10個入りの餃子は
表面パリパリというか、がりがりと香ばしく、内側は
もっちりジューシー。タレ&ラー油の他、青ネギを
かけ放題なのが嬉しい。せっかくなので中華そばも
頼んでみたら、シンプルな醤油ラーメン。これまた
ネギともやしの食感が心地よくて、するする一気に
食べ尽くす。飲んだ帰りの締めにちょうどいいお店だと
実感。立地もいいし、またちょくちょく寄ってみよう。

■流川餃子センター/広島市中区流川町5-27[17:30~26:30]

gzcenter2.jpg

gzcenter3.jpg

Comments 0