c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

frankmovie.jpg

とあるイギリスの片田舎。
幸せな家庭で何不自由なく育ち、安定した仕事に
就きながらもミュージシャンになる夢を持ち続け
日々を過ごしていたジョン。ある日、彼は自分が
住む町にやってきたバンドと知り合う。そのバンドの
ボーカルであり、作詞作曲をこなすフランクは
張りぼての被り物を常に被り続ける男だった。
シンプル&ラフで不気味な一方、どこか愛嬌のある
フランクの被り物のインパクトは半端なく、彼が
登場するだけで、出落ち感満載(笑)。でも歌声は
渋いし、身体のキレも抜群だなあと思ったら、中の人が
マイケル・ファスベンダーだったという。ほぼ全編
被り物で顔見られないのに、何この贅沢な配役。
あと、何気に楽曲も良くて、一見悪ふざけみたいな
作品なんだけど、細かい部分まできっちり作り込んで
あるから、気づけばストーリーに引き込まれている。

そのストーリーは、アルバム制作のためメンバー全員で
湖畔の山小屋に籠もるところから深まっていく。異彩を
放つメンバーの中で、明らかに凡人のジョン。彼は当初
気弱な青年だったけど、才気走るフランクを筆頭に
バンドメンバーと過ごすうち自信を持ち始め、やがて
心の内に野望を抱き始める。後半は、そんな彼にバンドが
振り回され、やがてバラバラになっていく様が描かれる。
なにより、バンドの中で圧倒的に輝いていたフランクが
外の世界に出ることで、様々なものを剥ぎ取られていくのが
苦く切ない。そうしてすべてを失ったフランクが再び
立ち上がる一歩を踏み出すのは、やはり元のバンド
メンバーの前だった。笑えて、不安になって、最後に
少しぐっとくる。予想外に素敵な作品でした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1386-443ca8d3