kuro score >>> cross core !!!

寿し処 翠月【移転OPEN】

suigetsu2.jpg

中新地通りにあったお鮨屋さんが移転したと聞いて
訪ねてみた。移転先は、数々の鮨屋が点在する堀川町の
ビル5階。気軽にふらっと訪ねるのはなかなか難しい
立地ですが、興味ある人は行ってみる価値ありです。

店内は、以前の家庭的な雰囲気と比べると、かなり
スッキリ&ストイック仕様。水槽もなくなり、白木の
カウンターがすっと延びる。リニューアルしてまだ
間もないため、現在、料理はおまかせのみ。つき出しは
茄子の煮浸しなんだけど、お箸に金粉が仕込まれており
つき出しの上で割ると、金粉がひらひらと皿上に舞って
美麗。続くお刺身は、鯛、細魚、ミズイカ、夜鳴き貝、鯖、
とろ。鯛は肝と和えてあり、まったりした味わいが抜群。
大葉と合わせた細魚も、軽く炙った鯖やとろもお酒に合う。
ということで、ビールから「百十郎」青面うすにごりへ。
香りよく飲みやすくて、いいね。料理はこの後も子持ち昆布、
白子ポン酢、ノドグロの塩焼き、タコの一味醤油焼き、
ワタリガニ酢、鯛の潮汁と続く。特に、ふんわり柔らかい
ノドグロ、食感よく旨みが詰まったタコ、さっぱりしつつも
瑞々しい味が沁み渡るワタリガニが美味しかったなあ。

お酒は「亀齢」熱燗に、「八海山」しぼりたて原酒(青越後)
ぬる燗と変えた後、いよいよお鮨。内容は鯛、イカ、漬け、アジ、
中とろ、海老、ウニ、イクラ、穴子。シンプルでさっぱりした
甘さが広がる鯛もいいし、飾り切りが施されたイカも美味。
すっきりアジも、肉厚でほこほこした海老も良かったなあ。
ほどよく柔らかいシャリは、ネタとのバランスも上々で
しみじみ旨い。そして、締めは赤だしとカボチャのデザート。
とことんオーソドックスなコースでした。以前の店舗より
緊張感はありますが、お鮨に集中できる雰囲気で、個人的には
お気に入り。この近辺はお鮨屋激戦区だけど、マイペースに
がんばって続けてほしいと、心底願っております。

■寿し処 翠月/広島市中区堀川町2-7-5F[18:00~23:00]

Comments 0