kuro score >>> cross core !!!

『就職難!! ゾンビ取りガール』2巻

zgirl2.jpg

購入した新刊が一冊だけだから、今月の漫画話は休止…と
思ってましたが、その一冊が待望の『ゾンビ取りガール』
続刊だから触れない訳にはいかないのです。しかも
この作品を模倣したドラマを、テレ東がこの10月から
放送するとかしないとかキナ臭い話も聞こえてきたので
今取り上げるしかないという。ただ、ドラマに関しては
設定だけ読むと似てるけど、実際に見てみないと判断
つかないので一旦保留にしておきます。テレ東だから
どっちみち広島ではリアルタイムで見られんけどね…。

ストーリーは1巻からあまり変わってなくて、相変わらず
冴えない青年(=先輩くん)が地道にゾンビ取り道具の
アイデアを練り、ゾンビ大捕物を夢見るあまり、ちょっと
テンションがおかしくなった20代女子(=後輩ちゃん)が
元気よく出勤してるだけという、ゆるゆる日常話が続く。
何も起こらない退屈な毎日を前に、ふたりともだんだん
気落ちしていくが、駅前の通り魔を契機に事態は一変。

前半は最早ゾンビなんて風景と化してて、夜な夜な
ホームレス狩りを繰り返す中学生の方がよほどタチ悪く
見えるけど、中盤からの展開がまた怒涛。とある理由で
ゾンビ化した「おばさんゾンビ」の大立ち回りが半端なく
たった一人で街を赤く染めていく。そのヤバさに反比例して
主人公含む周囲の人が緊張感に欠け、ゆるゆるなのが
この作品らしさ。警官もそうだし、のん気にゾンビの写真
撮って襲われてるヤンキーとか、実際にありそうで笑えない。
そんな中、いつものゾンビ取り用アミも持たないまま
ゾンビ捕獲に突入する先輩&後輩コンビの連係プレイは
手に汗握り、ひたすら燃える。先輩くんはなんだかんだで
ここぞという時の判断力すごいし、後輩ちゃんは普通に
警官の拳銃拾ってぶっ放してるし、いい感じにイカれてて
お似合いのふたり。無言でアイコンタクトしてる最中
なぜか告白になっちゃってるシーンも大好きだ。そんな
ふたりの間に割って入りそうなバイト新人も増えたところで
以下次巻。いつもの長いあとがき読んでたら、3巻出るのか
どうか怪しい感じだけど、ゆっくりでもいいからなんとか
続けてほしいと願ってます。主人公たちだけでなく、無駄に
格好いい「田無チーム」の活躍も見たいんだ、俺は。

■福満しげゆき『就職難!! ゾンビ取りガール』2巻 講談社

Comments 0