kuro score >>> cross core !!!

向日葵

himawari14.jpg

お酒にこだわりがあって、料理も手頃でおいしいと
聞いてたお店。ただ、舟入って自分の生活圏からは
離れてるし、特に用事もなかったから訪れる機会が
なかったけど、今回思いきって足をのばしてみた。

お店は、二つに分かれた10席ほどのカウンターと
テーブル席がいくつか。お酒メニューには珍しく
ハートランドの瓶ビールが載ってたので注文。
料理は、テーブル席がある壁の黒板にずらっと
書いてあるので、カウンターからは振り返って確認。
まずは、鯛の昆布締め・燻製カマンベール巻きと
タコの足炙り・ポン酢&バター。その前につき出しで
ほうれん草とアサリのおひたしと、茶碗蒸し?かな。
一見、焼きプリン風の茶碗蒸しは中に白身の魚入り。
しゃきしゃきしたおひたしとともに、優しい味わい。
軽く燻したカマンベールを包むように巻いた鯛の
昆布締めはピンクペッパーがのってて、スモーキー&
スパイシーな仕上がり。ワインも合いそうだけど
ここはやはり日本酒で。「辨天娘」玉栄のお燗。
バランスよく穏やかで、身体に沁み入る一杯。ちなみに
お酒は半合から注文できます。あと、タコの炙りは
透明感あって心地いい食感。ポン酢ベースながら
後味にバターの風味が香る。横にたっぷり添えられた
柚子胡椒もいいアクセント。お酒を「鯉川 亀治好日」に
変え(さっぱりキレのあるタイプ)、料理も追加。

親鶏つくねを椎茸に詰めて焼いた一品と、ニシ貝の
酒盗バター焼き。メニューには詰めて焼いたと
書いてあったけど、椎茸の上につくねがこんもり
盛られてる状態で登場。肉のジューシーさと、軟骨の
コリコリ感、さらに肉厚の椎茸のしっとりした柔らかさも
相俟って、美味しかったー。ニシ貝の酒盗バター焼きは
アヒージョが入ってそうな小さい土鍋で提供。ちょっと
味は濃いめだけど、一緒に出されたバゲットにのせて
食べるとほどよい感じに。これに合わせた「睡龍」
生もとは、色も味わいも濃厚。燗にするとまろやかな
甘みが広がる。最後の締めは、コロッケと悩んだ末
くじらユッケに。深い紅色をした赤身を卵黄と混ぜると
まったりした旨みが増す。最後なのでお酒は「天遊琳」で
軽やかに締め。噂通り、お酒は丁寧に説明してもらえるし
料理は目移りするほど多種多彩だし、わざわざ訪れて
よかったです。気になるメニューが、まだいっぱい
あったから、いつか折を見て再訪したい。

■酒と肴 向日葵/広島市中区舟入本町3-15[18:00~25:00]

Comments 0