c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

福岡は、夜からが本番。
というわけで、毎度のことながらあちこちはしご酒。
ここ数年、福岡ではしごしたのは、『うわのそら』とか
雲レ日』、『ユメキチワイン』、『山下ワイン食道』など
春吉近辺に集中してたから、今回もあえて春吉ではしご。

onnamiso1.jpg

『女とみそ汁』
日曜営業の店を探してる時に見つけた小料理屋さん。
もう完全に、店名で選びましたね。靴を脱いで上がる
お店の中は、カウンターの上に大皿料理が並んでて理想的。
小料理屋さんなので当然、瓶ビールでスタートなのです。
料理は通常メニュー以外に、黒板におすすめメニューが
書いてあるので悩んだ末、かつおたたき、おひたし、
肉じゃが(和牛カルビじゃが)。かつおは玉ねぎと
ミョウガがどさっとのってて、さっぱりいただける。
おひたしは、水菜となめこ。しゃきしゃきの水菜と
淡い出汁が絡んで抜群。こういうシンプルな肴
欲しかったんだよね。いくらでもお酒飲めるわ。
日本酒はやはり地のものから「繁桝」と「能古見」。
どちらも柔らかくて、スッキリしたタイプ。で、
じゃがいも、人参、玉ねぎと、大ぶりのカルビが
ごろんと入った肉じゃがは、やや濃いめの味つけ。
もう日本酒に替えちゃったけど、これはビールの方が
合うかな。続いて、夏野菜の南蛮漬け、げそと里芋煮、
甘鯛うろこ焼きを追加。パプリカやミョウガ、オクラ、
椎茸、ズッキーニの南蛮漬けは、まろやかな酢に
浸ってて夏にぴったりの爽やかさ。げそと里芋煮は
もう本当にしみじみする味わい。おひたしとか
こういう煮物食べると、小料理屋さん来てよかったな
って実感できる。頭の部分を丸ごと焼いた甘鯛は、身の
しっとりした部分と、顔の周りのねっとりした部分を
交互に食べるのが楽しい。半分以上食べ進んだところで
明太子おにぎりと、あおさの味噌汁も注文。山賊むすび
サイズの大きなおにぎりも、大きな器にたっぷり入った
味噌汁も、家庭的&素朴な味わいでほっとする。大将はじめ
店員さんも皆あたたかくて、居心地いいお店でした。

■女とみそ汁/福岡市中央区春吉3-25-10[18:00~25:00]

siotaya1.jpg

『塩田屋』
『女とみそ汁』の真隣に位置する、もつ焼き屋さん。
ライブ初日終了後、電話してみたら一時間だけなら
大丈夫ということで、すぐ駆けつけた。10人座れるか
どうかというL字カウンターは満席で、気が急く中
生ビールと、串焼をおまかせで7本注文。つき出しは
オクラとヤングコーンの温サラダ。上には、ピリ辛の
もろみ味噌っぽいものがかかってたけど、メニューに
載ってた「あけがらし」という味噌なのかも。これだけで
お酒飲める感じの味。串焼は、白ねぎ、ハラミ、はつ下、
ミョウガ、ぺてん、しろ、ハツ。歯応えよく肉の旨さが
詰まったハラミ、血管というのがはっきり分かる
コリコリのはつ下、脂の甘みが広がるぺてん、表面
ぱりっぱりのしろと、多種多彩で面白く美味しかった。
時間がないので、最後に中身焼と焼酎水割りで締め。
中身焼は、鉄鍋にハツ、センマイ、小腸、タンといった
もつと、大量のキャベツにカイワレ、プチトマトが
どかっと焼かれた一品。もつの旨みと野菜の甘みが
ジューシーに絡み合い、はふはふしながら食べると
もう箸が止まらない。焼酎も合うが、もう一回
ビールに戻りたくなるなー。今回は慌しい訪問に
なったので、再訪の機会があれば早めに予約しよう。

■もつ焼 塩田屋/福岡市中央区春吉3-25-10[18:00~27:00]

sagakura1.jpg

『さが蔵』
店名の通り、佐賀直送のお酒が揃うお店。
実はライブの日程に合わせてか、PerfumeのDVDを
大画面で上映しますという看板があって、2階にある
その店の入口から覗いてみたら、お洒落ダーツバー
だったのでそっと引き返し、同じフロアにあった
こちらの店に避難したという。店内はカジュアルで
気軽に過ごせる雰囲気。まずは有名どころの「鍋島」とか
「東一」でも頼もうと思ったら、店員さんがお酒は
飲む順番が大事なので、何杯くらい飲まれますか?
好きなタイプは?と次々質問攻めに。こういう時
もうちょっと日本酒のこと勉強しとけばよかったなあと
反省しつつ、適当人間なので適当に話を合わせながら
店員さんのおすすめを無理矢理引き出し、まずは
「基峰鶴」超辛口純米。かなりすっきりしてて
確かに一杯目にぴったり。つき出しは、豚の冷しゃぶ。
あっさりした味つけなので、お酒に集中しやすい。

sagakura2.jpg

二杯目は「笑酒」無濾過生原。すっきりしつつ香りと
酸味が増した感。三杯目は「天吹」夏色。これはとにかく
ラベルがカラフルでかわいかった。味に関しては
この辺から記憶が曖昧になってきます。和らぎ水を
一升瓶でどーんと置いてくれるから助かったけど
あれなかったら完全に記憶飛ばしてるな。つまみは
鯖の生ハムと厚揚炙りも追加。生ハムはスモーク・
サーモンならぬ、スモーク・マカレルだね。
柚子胡椒がばっちり合う。熱々の厚揚もうめーとか
言ってるうちに、ようやく待望のお酒で締めです。
「東一」純米大吟醸うすにごりと、「鍋島」本丸。
東一は、ほのかな甘さと旨みのバランスが抜群で
四杯目にして、おかわりしたくなる。そして、お酒と
同じ「鍋島米」という名前の酒米で醸した本丸は
米の旨みをじっくり味わえる一杯。これは燗でも
飲みたかったけど、さすがにもう飲みすぎだから
お会計。佐賀の酒の良さを存分に楽しめたよ。

■Sake Dining さが蔵
/福岡市中央区春吉3-11-19-2F[18:00~24:00]

petrolblue1.jpg

『petrol blue』
ここだけ春吉じゃなくて、大名ですね。
一軒目にお鮨屋さん、二軒目にラーメン屋さん行った後
まだ終電まで時間があったので、立ち寄ってみた。
ビルの5階にある店内は、カウンターに8席ほどと
ソファ席があって、薄明かりの照明は落ち着く空間。
Barなんだけど、ショートカクテルはなく、地ビールや
ワイン、ハーブリキュールを使ったカクテルが並ぶ。
でも、もう結構酔ってたのでメニューを細かく見る
気力がなく、個人的定番のボストン・クーラー。
と言いかけて、やっぱりラムバック。濃く甘めに
仕上がった一杯をゆっくり飲み、やたら素敵選曲な
レコードを聴きながら、食べすぎ&飲みすぎの
3日間を振り返って、反省したりしなかったり。ただ、
あらためて福岡は夜を中心に動くと楽しいなと思った。
また、近いうちに来られたらいいな。

■petrol blue/福岡市中央区大名1-10-21-5F[17:00~27:00]

petrolblue2.jpg

超うらやましいですねぇ(*^。^*)

個人的には
『女とみそ汁』に行ってみたいです♪

2014.08.18 17:56 URL | ポコ #- [ 編集 ]

女とみそ汁よかったですよー。
焼魚とか煮魚系はちょっとお高めでしたが
大皿料理やお惣菜は手頃で、どれも美味しかったです。

2014.08.19 09:39 URL | kuro #RS4k0RpE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1352-a4b242a1