c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

gyouten1401.jpg

高松まで行ったついでに、うどんだけじゃなく
晩ごはんも食べてきた。こちらも中央通りから
一本入った通りに位置する和食屋さんです。
カウンター7席とテーブル1卓のみの店内は、いい感じに
落ち着いた雰囲気。まずは生ビール(ブラウマイスター)と
お刺身の盛り合わせに、岩牡蠣とワカメ&芽ネギ。刺し盛りは
讃岐でんぶく、サワラ、しめ鯵、タコ、イカのウニのせ、
たいらぎ貝。讃岐でんぶくは、ナシフグのブランド名らしく
こりこり&むちむちした食感が心地よい。旬は外れてる
気がするんだけど、厚切りのサワラもほどほどに脂がのってて
旨い。岩牡蠣は殻から外してあり、山盛りのシャキシャキ
芽ネギをのせて食べると爽やかさが一層増して良いね。

お酒はやはり地元のものを、と思い「悦凱陣」純米の冷やと
金陵特別純米「楠神」の冷酒。特に悦凱陣は味のバランスが
良くて、ついつい飲みすぎる。料理は、貝柱と夏野菜の塩炒め、
マナガツオとサワラの塩タタキ食べ比べを追加。オクラや
ししとう、アスパラ、パプリカ、ズッキーニといった新鮮野菜
たっぷりの塩炒めは、あっさりめの味付けがそれぞれ異なる
野菜の風味と歯応えを引き立てて抜群。ちょっと中国料理風の
テイストがいいアクセントになってた。塩タタキは、柔らかく
口内でとろけるサワラ(引田産)と、身がしっとりしてて
すうっと上品な歯触りが印象的なマナガツオ(三本松産)の
コントラストが楽しい。さらに、メニューの中で気になってた
べえすけ穴子炙り醤油焼きも頼んでみる。脂がのりつつも
しつこくなく、ほのかな甘み漂う穴子と醤油の香りが
ベストマッチ。一緒に出された海苔で挟んで食べても
旨い。そして最後は、握りを三貫。十数種類あるネタから
選んだのは、とろ、赤身づけ、しめ鯵。どれも良かったけど
特に目を引いたのが、とろ。びっくりするほどの厚切りで
鮮やかな薄紅色。口の中では、さーっと消えるように
とけていくし、すごく美味しかったー。

一言で言うと、地の魚と地のお酒を美味しくいただける
お店でした。さらに素材を生かした魚料理以外にも
ステーキをはじめとした肉料理や、吉田牧場の
モッツァレラにカチョカバロを使った料理などもあり
形にとらわれすぎず、旨いものを追求している感じ。
高松に行くなら、おすすめの一店です。

■ぎょうてん/香川県高松市紺屋町2-1[18:00~24:00]

記事を読んでるだけで
ほっぺたが落っこちそうです(笑)
あなご大好きなので
それだけでも食べに行きたいな~(*^。^*)

2014.07.31 09:47 URL | ポコ #- [ 編集 ]

穴子おいしかったですよー。
やさしくて、ふんわりしてて。

2014.08.02 12:00 URL | kuro #RS4k0RpE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1346-a55800fe