kuro score >>> cross core !!!

沖縄フェスタ2014 in 広島

okifesta1401.jpg

市民球場跡地で9日間にわたる大規模な沖縄フェスタが
開催。オリオンビール、泡盛、沖縄料理はもちろん
沖縄物産に三線教室、そして総勢50組を超える
アーティストのライブまで。ここ2年ほど沖縄には
行けてないので、初日から駆けつけてみた。

okifesta1402.jpg

okifesta1403.jpg

okifesta1404.jpg

料理は5枚つづり、ビールは1枚ずつのチケット制なので
適当に数枚買って入場。とりあえず、ぐるっとお店を
回ってみたら意外と高額設定。悩んだ末、結局無難に
新垣家』でゴーヤーチャンプルー、『花笠屋』で
ラフティ。そして、もちろんオリオンビール。正直
お店で食べた方がおいしいんですが(笑)、屋外で
風を浴びながら食べるのがいいのかな。ただ、
ライブステージがきっちり作り込んであり、ライブを
入場無料で見られるのは、かなりお得。沖縄民謡の
歌手の方が結構来られるし、21日には、やなわらばー
最終日の27日にはRYUKYUDISKOにD-51、そして
重鎮・ディアマンテスが無料で見られるという贅沢さ。
沖縄料理はおまけくらいに考えて、オリオン片手に
いろんなアーティストのライブが見られるイベントと
思って行けば、すごく楽しめると思います。

okifesta1406.jpg

※2014/7/21追記
やなわらばー目当てで、21日も行ってきました。
飲食は、オリオンビールだけでいいかと思ったけど
石垣島精肉店が、初日に見た記憶がない美崎牛の牛皿を
500円で出してたので注文。あまり沖縄っぽさはないけど
コストパフォーマンスは結構いいかも。そして、待望の
やなわらばーライブ。もうね、最初の「いちごいちえ」から
歌声が沁みまくって泣きそう(笑)。こんなに良かったっけ。
他にも「小さな恋のうた」とか「ワダツミの木」、そして
「TRAIN-TRAIN」などカバー曲も良かったけど、やっぱり
「空をこえて 海をこえて」に「拝啓○○さん」といった
オリジナル曲の方が心に響いたなあ。とにかく、この
フェスタはライブこそが真骨頂だと確信。最終日は
なんとしてでも参加しようと誓いました。

okifesta1407.jpg

okifesta1408.jpg

※2014/7/27追記
という訳で、最終日にも参加してきました。
この日は14時からオリオンビールが700円→500円へと
値下げしており、つい必要以上に飲んでしまう。料理も
いくつか安くなってたな。そして18時前から始まった
ステージはRYUKYUDISKOにD-51、大島保克さんという
組み合わせ。一組目のRYUKYUDISKOは、ファミリー層
メインという、ややアウェイな状況の中でも構わず
マイペースに進行。個人的には踊れるし気持ちいいしで
すごく楽しかったけど、客層的には次のD-51の方が
盛り上がってたなー。やっぱりヒット曲があるのって
強いと実感。日が沈むと、ここ数日の熱帯夜が嘘のように
涼しくなり、夜風が通り抜ける頃、大島保克さん登場。
9日間のうち3回も来てるのに、一度も沖縄民謡を聴けずに
終わるかもと思ってたけど、ここでようやく民謡歌手の
歌を聴けることに。八重山民謡をはじめ、オリジナルの
「イラヨイ月夜浜」に「赤ゆら」、「流星」、そして
「トゥバラーマ」まで。広島の夜空の下で聴く
トゥバラーマは、とても特別な感じがした。

okifesta1409.jpg

ラスト、9日間の大トリは、ディアマンテス。
もう、一曲目の「VIVA!!夏の色」から場内ヒートアップ。
最後の最後というのもあるけど、あの声、あの演奏だと
盛り上がらざるをえない。この後も立て続けに「Cebada」、
「片手に三線を」でぐっと引きつけ、琉神マブヤーの
テーマ曲で沸かせてからの「逢いたくて」&「勝利のうた」
と怒涛の流れ。圧倒的でした。アンコールは、残っていた
アーティストも総登場で「La Bamba」。沖縄と広島の
空がつながったと感じる数十分。このイベントに関しては
正直いろんな評判がありましたが、この瞬間だけは
忘れることができないと思う。来年以降も実施されるか
分かりませんが、これほど大規模でなくても沖縄と広島の
関係が強まるようなイベントが続くといいな。

okifesta1410.jpg

■沖縄フェスタ2014 in 広島
【期間】7/19(土)~7/27(日)
【時間】11:00~21:00
@旧広島市民球場跡地/広島市中区基町5-25
http://okinawa-festa.jp/

okifesta1405.jpg

Comments 0