c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

ajiyoshi1401.jpg

映画を見るために福山まで来たので、何か食べて帰ろうと
最初に思い浮かんだのが、老舗食堂『自由軒』。でも
福山に来ることなんて滅多にないから、少し奮発しようと
思って、こちらのお店に予約して伺いました。
落ち着いた一軒家のお店の中は、十人ほど座れそうな
白木のカウンターと、奥に個室がいくつかある様子。
料理はおまかせだったので、ヱビスの瓶でひとり乾杯。
しばらく待つと、まず最初はわかめのすり流しの中に
鱧の子を浮かべ、さらにその上にウニをのせた一品。
しっとりした鱧の子にウニの甘みとわかめの風味が
相俟って、優しく穏やかな味わいに。一緒に添えられた
アスパラも、スッキリ美味しい。続いて、アワビと
じゅんさいの酢の物。このアワビが、しっかりした
食感ながら柔らかさもあって絶妙。じゅんさいも大ぶりで
よかったな。ここで日本酒へ。福山の地酒「天寶一」。

この後、鱧の焼き霜造りとアコウのお刺身が立て続けに。
はじめから梅肉がのった鱧は、ふっくらというか
もっちりしてて食べ応えがあり、瑞々しさもあって旨い。
山盛りベビーリーフに盛り付けられたアコウも皮の部分に
軽く火を通してあり、締まった身の中に上品な甘さが
ぎゅっと詰まってて抜群。これはお酒がいくらあっても
足りんね。そして、メインはアコウの酒蒸し。頭が丸ごと
どーんと入ってて、見た目からしてインパクト大きい。
少しずつバラしながら食べていくと、もう身がむちむちで
口の中で弾ける感覚。そこへねっとりしたゼラチン質も
合わさって、やめられない、とまらない。これは旨いなあ。
以上でおまかせはひと通りということで、最後はごはんと
お漬物。…の前にタジン鍋みたいなフライパンで炒めた
肝も出してもらう。何の肝か聞かなかったけど、ちょっと
うなぎっぽいその肝は、甘辛さの中にほろ苦さがあり
後引く美味しさ。お酒もう一杯追加するかしばし悩むことに。

とにかく、旬の魚を美味しくたくさん食べてもらおう
という気概に溢れたお店でした。大将もキャラクター
濃くて(なんとなく『紅の豚』に出てくるピッコロの
おやじに似てた)、高級割烹と身構えるよりはもう少し
気軽に楽しめる雰囲気。こういう店があるだけで
福山って豊かな町なんだなあと思えてしまうほどでした。

■阿じ与志/広島県福山市昭和町10-6[18:00~23:00]

ajiyoshi1402.jpg












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1337-5fb9a6c5