kuro score >>> cross core !!!

積読漫画雪崩式1405

comics1405.jpg

アフタヌーン系は毎月新刊チェックしてるけど
今月の新刊は三冊とも偶然本屋で気づいたという。
気になる新刊を事前に教えてくれるアプリとか
ないかしらと思ったけど、それはそれで面倒
くさそうだから、やっぱり自力でなんとかしよう。

■荒木飛呂彦『ジョジョリオン』7巻 集英社
前巻が出てからわずか2カ月で新刊登場。
ペース早くてびっくりした。そして前巻から引き続き
丸々一巻使って八木山夜露と対峙。彼の明確な目的が
見えないまま、定助も戦闘に巻き込まれていく。
そんな中、意外だったのは謎が多くてどこか不気味で
敵の可能性も高かった憲助が、真実を打ち明けた場面。
彼自身にも呪われた運命と、守るべきものがあった。
定助と憲助、想定外の二人が共闘関係を結び立ち向かう
八木山にもまた、秘密が隠されていたッ!…という
気になる引きで以下次巻。次は何カ月後だろう。

■三宅乱丈『イムリ』15巻 エンターブレイン
冒頭から、猜疑心の塊となったミューバの暴走で
幕を開ける。心底信じていたデュガロへの疑念が
膨れ上がった彼は、直接賢者の島へ乗り込み
デュガロの真意をただすことに。だが、化かし合いに
かけては一日の長があるデュガロの口八丁により
ついに奴隷化されるところを救ったのは、育ての親
ガラナダだった…。長かったミューバとデュガロの
似非師弟関係が、いよいよ決裂する分かれ目。ここからは
もう敵味方・愛憎入り乱れて混沌へ向かう道しか見えない。
正直、ミューバは悲劇が似合いすぎるキャラクターだけど
一度くらい幸せな瞬間を与えてほしいと願ってる。

■中村光『聖☆おにいさん』10巻 講談社
なんだかすごく久しぶりな気がする聖☆おにいさん
最新刊。新キャラクターも出てきたけど、今巻の主役は
何といってもイエスの母・マリア様。超マイペースで
氷川ファンでリア充が苦手な彼女がひたすら愛らしい。
誰よりも息子のことを思い、涙を我慢する姿に惚れる。
背後のマリア像からは血の涙が流れてますが…。
あと少し気になったのは、ギャグをひねりすぎて
ちょっと分かりにくくなってるような。元ネタが
マニアックなんだから、調理はシンプルでいいのになー。

Comments 0