c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

actofkilling.jpg

1965年、インドネシア。
大統領親衛隊による将軍6名を殺害するクーデターが
発生。ただちに鎮圧されたが、インドネシア共産党が
この事件に関与していたとして、共産党員に対する
大虐殺が起きる。表立って虐殺を行う訳にはいかない
国軍に代わり、殺害を実行したのはプレマンと呼ばれる
地域の「ならず者」たちだった。それから50年弱。
今なお、国を共産党から守った英雄として扱われる彼らに
カメラの前で殺害の実演を行わせたドキュメンタリー。
主人公は、当時1000人以上を殺害したという
じいさんなんだけど、軍に頼まれて、お国のために
やったと思っているから、殺害の実演を頼んでも
懐かしい思い出を語るように嬉々として演じるという。
そして自分たちの「歴史」を子や孫たちにきちんと
伝えたいと、映画制作は進行していく。映画っぽさを
出すためなのか、ちょいちょい極彩色でシュールで
狂ってる映像も入れてくるから、まさしく悪夢のような
仕上がりに。だが制作が進み、あらためて殺害シーンを
客観的に見たり、自ら被害者の役を演じることで、
彼の中に違和感が生じ始める。本当に残虐だったのは
共産党員たちだったのか、それとも…。

殺人という行為があまりに軽々しく扱われているため
最初から最後までずっと不穏で不快な感覚がまとわりつく。
その一方で、人間は結構簡単に「あちら側」に行って
しまうんじゃないかという薄ら寒い現実を見せられて
ぞっとした。しかし個人的に衝撃だったのは、今も
華僑の人から堂々と金を巻き上げる(カメラの前で!)
民兵と、エンドロールで流れたANONYMOUS(匿名)だらけの
スタッフ・クレジット(現地スタッフの名前を出して
政府に目を付けられないための措置らしい)。あまり詳しく
知らなかったインドネシアという国の闇を垣間見た気分だが
決して他人事ではなく、自分たちが「あちら側」に
落っこちないように、学び、考え続ける必要も感じた。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1325-eb4d14e8