c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

dallasbuyersclub.jpg

1980年代、テキサス州・ダラス。
酒と女とロデオとドラッグ。放蕩の限りを尽くす
電気工・ロンはある日、HIV陽性で余命30日との
宣告を受ける。医者の言うことをまともに聞く気のない
彼は自らエイズについて調べていくうちに、アメリカで
承認されていない様々な治療薬の存在を知る。そこから
彼の怒涛の戦いが始まっていく。
マッチョで保守的で偏見バリバリ&口が悪く、宣告を
受けて即「ホモの病気になんで俺がかかるんだ」と
悪態をつく。文章で説明したら、すげえイヤな奴だが
スクリーンで見たら意外と嫌いになれないというか。
嘘がなくて自分に正直で、言いたいことを言ってる姿は
むしろスカッとする。そんな主人公が、なかなか新薬を
承認しない国や、毒性の強い薬を推奨する医師&製薬会社に
代わって、海外の未承認薬を密輸し商売を始める展開は
痛快。そして商売を広げるために、あれだけ毛嫌いしていた
同性愛者(正確にはトランスジェンダー)のレイヨンと
手を組むことで、ただの薬の売人だったのが、より大規模な
会社組織へと成長する。国や医師からいくら妨害を受けようとも
退かず折れず立ち向かうロンと、減らず口をたたきつつも
繊細で危うさが見え隠れするレイヨン。この二人の奇妙な
友情が育まれていく様は、静かに熱くて、ぐっとくる。

全体を通して、感動的ではあるけれど、感傷的ではない。
テーマがテーマだけに重く深刻になりそうだが、その実
軽妙でテンポがよくユーモアも忘れない。これはすべて
ロン・ウッドルーフという実在した人物の魅力に負う
ところが大きい。あくまで自分の欲のためにアメリカと
戦った男。シンプルで、一本筋が通っているからこそ
強い彼の生き様は、格好悪い部分も含めて見た者の
記憶にずっと残り続けるだろう。一言、必見です。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1299-8d5c6081