kuro score >>> cross core !!!

路地裏ぶらり酒2

前回から間を置かず、路地裏酒場めぐりです。
意識して歩くと、路地裏って良い店・気になる店が
多いなあとあらためて実感。しばらく探索続けよう。

ayur13.jpg

『Ayur』
白島に野菜のおいしい店ができてたよと教えてもらい
行ってみたのがこちら『アユール』。路地裏というか
白島通りと城北通りに挟まれた裏通りに面する位置に
あります。つい最近、オープンしたばかりらしい。

まずはハートランドの生を頼んでから、お刺身三品盛りと
小里芋のからあげ、フォアグラのポワレ&冬瓜のたいたん
注文。その前に、まずはつき出しから。しろ菜の煮浸し。
お揚げやハムも入った煮浸しは、熱々のダシに満たされており
肌寒い夜にはほっと一息つける。お刺身はイサキ、サーモン、
しめさば。正直、サーモンかあと思ったけど、きめ細かく
しっとりした身で、予想外に美味しかった。塩昆布が
添えてあるイサキも、おろし添えのサバもねっとり濃厚で
旨し。さらに、塩と柚子胡椒でいただく里芋からあげは
ほくほくもちもちで絶妙。この日食べた中で一番好きかも。
表面がさっくりしたフォアグラは、冬瓜のしゃくほろっとした
食感と好相性。ここで日本酒へ。地酒の賀茂金秀、雨後の月、
富久長、宝剣、亀齢が並んでたので、雨後の月純米吟醸を。
あと、オーガニックワインを押してたので、チリのパヌール
シャルドネも頼んでみた。香りよくて飲みやすい。そして
最後に栗と秋野菜の筑前煮、へぎそば追加。筑前煮は栗以外に
銀杏、人参、蓮根、ごぼう、こんにゃく、鶏肉と盛りだくさん。
特に栗と銀杏の食感が良いアクセント。新潟発祥で、布海苔
という海藻を混ぜ込んだへぎそばは、青緑色にぴかぴか輝く。
このそばが喉越し良くて、下手な蕎麦専門店よりはるかに
美味な出来映え。これ好きだ。この他にも、おばんざいから
焼物、煮物、揚物、蒸物などいろいろと揃ってるし、気軽に
立ち寄りやすい雰囲気なので、白島に行った際はぜひ。

■Ayur/広島市中区東白島町18-5[17:00~23:00]

rojiura13.jpg

『路地裏』
路地裏と言えば、横川にそのまんまの名前の店があると
聞いて伺ってみた。『みこし鶴一』などがある通りを
さらに進むと、ビルの死角のような位置にひっそり佇む。
店内は昔ながらの居酒屋さんという風情ですが、意外と
新しいお店らしい。まずはカンパチやタコ、アジなど
数種類並ぶお刺身の中から秋刀魚。あとアジのなめろうに
小イワシの天ぷらも。お酒は瓶ビール(クラシックラガー)。
秋刀魚刺はやや柔らかめで、ねっとりとろける味わい。
なめろうは味噌の風味が弱く、さっぱり系。個人的には
このタイプ好きです。これにはやっぱりお酒だろうと思って
グラス冷酒を。銘柄は、自分の座ってる席からは確認できず。
小イワシ天は言うまでもなく、さっくさくで旨い。メニューは
壁中に貼り付けてあり、値段もかなりお安めだったので
すじ煮込み野菜入り、イカのわた炒めなど気になるものを
次々追加。最近すじ煮込みと聞くと、やきとん屋さんで
見かける濃厚仕様を思い浮かべてしまうが、こちらのは里芋に
じゃが芋、こんにゃく、ねぎ、人参といった野菜たっぷりの
上品なスープ仕立て。優しい味で、これから寒くなる季節には
身体の奥までしみじみ沁み渡ってきそう。一方、わた炒めは
クセのあるわたの旨みが相俟って、箸が止まらなくなる。
最後は、とうがん汁。冬瓜以外には豚肉や椎茸、海老、人参、
ねぎが入り、中華風。冬瓜は、ほどよく歯応えがあって
ほくほく。いろんな意味であたたかい、良い店でした。

■居酒屋 路地裏/広島市西区三篠町1-14-9[17:30~24:00]

wakana13.jpg

『わか菜』
最近、八丁堀近辺の店で振られることが多いんですが
振られ続けて傷心の中たどり着いたのがこのお店。
名前だけは聞いたことあったので、そっとガラス戸から
覗いてみて、カウンターが全部空いてるのを確認し入店。
ここでもまずは瓶ビール(クラシックラガー)からスタート。
料理は刺身の三種盛りと、タコのぬた和え。倉橋直送と
書いてあった刺し盛りは、鯛、カンパチ、イカの胡瓜巻き。
ベタなラインナップですが、ほどよい厚さで食べ応えあり。
あと、年を取るとぬた和えの旨さがたまらなくなるね。
ビールから「雨後の月」特別純米に変え、ネブトの唐揚げと
白ばい貝の刺身追加。ネブトはカリカリ&さくさくしてて
スナック感覚でいくらでも食べられる。ビールと相性抜群で
もう一本頼めばよかったと少し後悔。でもコリコリした中に
上品な甘みが広がる白ばい貝がお酒にぴったりなので
結果オーライ。さらに「美和桜」純米吟醸 八反に変えてから
倉橋産ちりめんおろしと、天然小鯛の塩焼き。辛みのきいた
大根おろしと食べるちりめんでさっぱりしたところへ出てきた
小鯛は、思ってた以上に大ぶり。これだけでお腹いっぱいに
なりそうだが、焼き加減が絶妙でふっくらした身が美味しく
骨までなめる勢い。冬季は牡蠣メニューも揃ってるみたい
なので、もうちょっと寒くなってきたら再訪したいな。

■わか菜/広島市中区八丁堀8-5[11:00~13:30、17:00~23:00]

Comments 0