kuro score >>> cross core !!!

そして父になる

sstccnnr.jpg

是枝裕和監督最新作は『誰も知らない』、『奇跡』に
続く、子供にまつわる物語。と言っても、主演は
福山雅治で、さらに尾野真千子、リリー・フランキー、
真木よう子と、有名俳優陣が名を連ねる。

大企業に勤め、都心の高級マンションに暮らす夫婦。
彼らには小学校受験を控える一人息子がいた。仕事
一筋の父と、真面目な専業主婦である母に囲まれた
その少年は優しく繊細で、いい子すぎるきらいがあり
父は自分の子に対し、どこか物足りなさを感じていた。
そんなある日、産院からかかってきた一本の電話で
彼らの生活は一変する。その産院で子供の取り違えがあり
6年間育ててきた息子は、実の子供ではなかったのだ…。

子供を取り違えられた二組の夫婦を演じるのが
福山&尾野と、リリー&真木コンビ。福山父さんは
完璧主義で自信家で、全能感すら感じるキャラクター。
家庭のことはどこか他人事で、自分中心に世界が回ってる
感じ。一方、リリー父さんは子煩悩で、いつも子供に
目線を合わせてるけど、仕事に関してはマイペースで
なんだか頼りない。そんな風にある意味、類型化された
父親像が対照的に描かれますが、決してどっちの父親が
良いというような単純な話ではない。子供から見れば
絶対的な存在に見える父も母も、実際には完璧ではない
一人の人間で、悩み考え迷い続けた挙句、間違うこともある。
でも、間違えたら終わりじゃなくて、格好悪く惨めな姿を
晒してでも、そこから立ち上がり、やり直す力がある。
なぜなら、自分のことを一心に信じてくれる子供が、
ここにいるから。血がつながっていても、いなくても、
子供の想いに気づいてしまったら、なんとしてでもそれに
応えたくなるのが親ってもんだろう。そんなお話でした。
ちなみにピエール瀧が一瞬だけ出てきますが、唐突すぎて
思わず噴き出した。卑怯な出方は、やめていただきたい(笑)。

Comments 0