kuro score >>> cross core !!!

エリジウム

elysium.jpg

第9地区』のニール・ブロムカンプ監督長編第二作。
前作がほぼ無名の役者ばかりだったのに対し、本作は
マット・デイモンやジョディ・フォスターといった
大物俳優を起用しつつも、この監督らしさは随所に健在。
2154年、ロサンゼルス。
地球は環境汚染と人口増加によりスラム化したが
一部の富裕層のみ、地上から400km上空に浮かぶ
スペースコロニー「エリジウム」に移住し、楽園のような
生活を送っていた。そんなある日、いつものように
劣悪な環境のロボット製造工場で働いていた主人公は
事故で被曝し5日の余命と告げられた後、ゴミのように
解雇される。彼はどんな病も治すという医療ポッドを求め
エリジウムへの密航を目指すことに…。

王道のSF作品なんですが、そこかしこに独特のセンスが
見られる。まずは冒頭で描かれる地上のシーン。俯瞰で
ぐわーっと広がるスラム街の景色は、前作を彷彿させる
生々しい色合い。遠目で見ると、どこか蟻塚っぽいんだよね。
さらに主人公は途中でエクソ・スーツという戦闘用補助具
みたいなのを身につけるんだけど、スラムの闇商人が
隠し持ってるような旧式タイプだから、超アナログで直接
身体にボルトで打ち付けるという。拷問かと思ったよ。
一方、宇宙に浮かぶエリジウムは、子供の頃よく科学系
雑誌で見かけた車輪型のスペースコロニー。居住区は
空が宇宙に開かれてて、その広大さ、異空間っぷりに
ドキドキしてしまう。ストーリー自体は、そんなに
捻った部分はなく直球だけど、こういう世界観とか
ジャンクな機械類とか小物とか見てるだけでも楽しい。
最後まで争うことになる敵が日本刀使いだったり、
最終決戦場に桜が舞ってるところなんかもツボでした。

Comments 0