c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

ckbtour1301.jpg

CRAZY KEN BAND TOUR@BLUE LIVE 広島に行ってきた。
今回は5月に出た新譜『FLYING SAUCER』を引っさげての
レコ発ツアー。BLUE LIVEでのCKBライブは二回目だけど
やっぱりこの海辺の会場はよく似合ってるなと実感。
ckbtour1302.jpg

ライブは、アルバムでも一曲目の「円盤」から始まり
「Hey Que Pasa?」、「旅客機」へ。ライブであらためて
聴くと、どこか気だるい夏の終わりの雰囲気を感じる。
CKBは真夏以上に、夏の終わりが映える。この後はなぜか
「スージー・ウォンの世界」や「Hong Kong Typhoon」
など、香港曲の連打。久しぶりに「混沌料理」も聴けたよ。
“お客さん何名様ですか? 見ればわかるだろ独りだよ…”
っていう歌詞が、自分のことにしか思えなくて泣ける(笑)。
香港後は再び新譜ゾーンに戻って「タイに行きたい」、
「箱根スカイライン」、「SOUL FOOD」。「箱根スカイライン」の
軽妙さが特に心地いい。ちなみに、CKBと一泊二日で旅館に
泊まれるという謎イベント・ヨコワケハンサムワールドの
テーマ曲らしいです。そしてそのまま恒例のリクエスト
コーナーへ。なのに突然、自分でメニューを選べない野毛の
ラーメン屋『三陽』システムを採用しましたということで
剣さんが勝手に選曲(笑)。でも、個人的に聴きたいと思ってた
「せぷてんばぁ」と、懐かしの「シスター・リー」で納得満足。
この時季の「せぷてんばぁ」はしみじみする。で、結局その後
普通にリクエストコーナーも行い「涙のイタリアン・ツイスト」、
「シンデレラ・リバティ」が選出。正直、「シンデレラ・リバティ」
って知らなかったけど、クールス時代の曲なのね。剣さんも
リハなしでよくそんな昔の曲さらっと歌えるなあ。

小野瀬雅生小野瀬雅生小野瀬雅生ショウ!!をはさんで
終盤は新曲(「廃車復活」、「シフト・チェンジ」)からの
定番曲攻勢。「タイガー&ドラゴン」に「不良倶楽部」、
「LADY MUSTANG」そして「香港グランプリ」! ここはもう
盛り上がらざるをえない展開。途中、バンド演奏オンリーの
パートがあり、これが踊れてカッコよくて痺れた。今回は
愛子様が産休中で華やかさは減少気味の代わりに、男の濃厚な
渋さ格好良さが溢れまくってて、これはこれで楽しかったな。

アンコールはクレイジー鍵盤コーナーとして、剣さん&テツニ
コンビで広島出身者の楽曲を拓郎から浜省、永ちゃん、秀樹まで
熱唱。永ちゃんの曲は、3曲くらい歌ってたような。そして
バンドメンバー揃ってからの一曲目が始まったと思ったら
まさかの「あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。」! これ
すごい好きな曲なのに最近ほとんど演ってなかったから全然
期待してなかった分、衝撃が大きくて。思わず、マジかって
声出ちゃったよ。とにかく、曲も、優しい歌い方も好きだし
この曲が発売された頃の記憶とかも鮮明に浮かび上がってくるほど
いろいろ思い入れがあるし。今日来て本当に良かった。アンコールは
もう一曲「木彫りの龍」があり、さらに続けてダブルアンコールで
「男の滑走路」に「地球が一回転する間に」と大盤振る舞い。
「地球が一回転する間に」は、アルバムで聴いた時もオープニング、
エンディングどっちでも映えそうと思ったけど、想像以上に美しく
ライブを締めてくれる壮大さ、器の広さがあった。終わってみると
時間的にはいつもよりやや短めでしたが、気づかないくらい
充実した濃縮ライブでした。来年もまた、この会場で逢いたい。

<CRAZY KEN BAND TOUR Flying Saucer 2013>
[9/8 sun.]open16:30/start17:00
@BLUE LIVE 広島/広島市南区宇品海岸3-12-69












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1243-096e56d3