c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

まだまだ残暑が続いていますが、暑さのピーク時に
比べると、やや落ち着いてきた感じがするので
今のうちに、と思って鉄板焼き屋さんを巡ってきた。
暑すぎると鉄板前は厳しいんだけど、鉄板焼き&
ビールは、ある程度暑い時季に食べときたいし。

kizunaya1.jpg

『きずなや』
八丁堀からは紙屋町も相生橋も越えた本川町電停前に
位置する鉄板焼き屋さん。入口から奥へとカウンターが
十数席分続き、つき当たりの部分に鉄板が広がる。
お好み焼きをはじめ、鉄板焼きメニューがいろいろ
揃っているが、黒板に書かれたおすすめメニューが
魅惑的だったので、ほぼこちらから選ぶことに。
まずはヱビスの瓶ビールを頼んでから、熊本産馬刺し、
ジャンボマッシュルームのステーキ、夏野菜アンチョビ
オイル焼きを注文。にんにく醤油でいただく馬刺しは
まず醤油が濃厚で甘い、いわゆる九州醤油。あまり
たっぷり付けると味が変わりすぎるので、ちょこっとだけ
付けて一口。身の方もねっとりした甘みが広がって旨い。
マッシュルームは、巨大なアワビくらいのサイズで
表面以上に裏側が真っ黒なので、目が悪いと本当に
アワビと見間違えるほど。バターソースで味付けし
刻みわさびでアクセントをつけたマッシュルームは
肉厚で歯応えよく、噛むと水分が溢れるくらいジューシー。
量は多いものの素材の味は淡白なため、すぐ食べてしまう。
夏野菜はズッキーニ、パプリカ、ヤングコーン、あと
緑色の茄子? こちらも野菜自体はあっさりしているが
アンチョビの風味が芳しくて食欲が増す。飲み物は
ハイボールやワイン、日本酒が並ぶ中、焼酎の種類が
一番多かったので、その中から飲んだことのなかった
「薩摩アサヒ」、「七夕」、そして定番の「中々」へ。
料理は、酢イカと観音ねぎ、季節のあさづけを追加。
ボイルしてほんのり酢で味付けたイカは身がいい感じに
柔らかく、シャキシャキの観音ねぎと相性抜群。あさづけは
キュウリとごぼうという珍しい組み合わせ。でも、味が沁みて
ゴリゴリ食べられるごぼうが予想以上に美味しかった。最後は
鶏モモ肉の柚子胡椒焼き。これは予想通りの仕上がりでしたが
皮ぱりぱり中身しっとりで安定した旨さ。どの料理も丁寧で
こだわりが感じられて良かった。次に来た時は、お好み焼きや
レギュラーメニューからもいろいろ頼んでみたい。

■きずなや/広島市中区本川町2-5-12[17:00~24:00]

minatokousaka.jpg

『港鉄板一家こうさか』
京橋川河口、ベイシティ宇品そばにある鉄板焼き屋さん。
宇品に用事があった帰り道、以前、別の店で飲んでる時に
教えてもらったこちらの店へ、遠回りして立ち寄ってみた。
お店に入るとすぐに横長の鉄板が出迎えてくれ、その周囲に
8席ほどのカウンター席。奥にはテーブル席や座敷もあるのかな。
既に晩ごはん食べてて、ビールも飲んだ後だったのでとりあえず
ハイボールとポテトサラダ、冷やし茄子のおろしあえ。ポテサラは
じゃがいもの形がそのまま残った、ごろごろタイプ。玉ねぎやハムも
少し入っているものの、あくまで芋をがっつり味わえる。つまみに
ちょうどいいな。味の沁みた茄子でさっぱりしてから、宮島産牡蠣と
ねぎ焼きも追加。まだ季節外れではあるが、おろしポン酢でいただく
焼き牡蠣は表面香ばしく、中身ジューシーでなかなか。たっぷりねぎの
詰まったねぎ焼きは、サクサクねぎ&まったりチーズが絡んで美味。
本当は最後にお好み焼きも食べたかったけど、もうお腹いっぱいで終了。
他にもステーキとかホルモンバーグとか鉄板ぎょうざとか、気になる
メニューがあったので、次はちゃんとお腹減らしてから伺いたい。

■港鉄板一家こうさか
/広島市南区宇品西2-16-30[11:00~14:00、18:00~24:00]

senzdb.jpg

『SENZ』
稲荷町電停目の前、盲点みたいな立地にいつの間にかオープン。
テーブルが並ぶ店内を奥に進むと鉄板&厨房があり、その前に
カウンターが4席。ビールを頼み、まずは前菜5種盛り合わせ。
きのことイワシのマリネ、ラー油きゅうり、サーモンのマリネ、
生ハム、練物二種(さつま揚げ&じゃがいものチーズ揚げ)、
あとパテっぽいお肉もあって、明らかに5種より多い。この中では
さくさくもちもちしたチーズ揚げが、特に美味しかったなあ。
ドリンクはワインをはじめ日本酒(雨後の月、賀茂鶴、亀齢)、
焼酎、ハイボールなど。角ハイ、白州、山崎、ビームジンジャーが
並ぶハイボールから山崎を頼み、エリンギの香味バター焼きと
ムール貝の吟醸酒蒸し追加。歯ごたえ良いエリンギは、バターの
風味濃厚で酒が進む。ムール貝もあっさりしつつ上品で旨い。
白州森香るハイボールから自家製サングリアへ変え、最後は
アスパラガスの豚巻きと、牛タンの赤ワイン煮。マスタードが
添えられたアスパラ豚巻きは、アスパラが太くしっかりしており
豚肉も負けずに厚めで食べ応えあり。赤ワイン煮はしっかり
煮込まれてて一見ビーフシチューだけど、カレー風味なので
一口食べたらもうカレーにしか思えない。脇にポテサラや
バゲットも付いてましたが、正直、ごはん欲しかった(笑)。
ちなみに、こちらは同じ的場町にある鉄板焼き屋『ju-shi』の
姉妹店(兄弟店?)らしい。昼に2~3回行ったことあるけど
ハンバーグしか食べたことないや。今度、夜にも行ってみよ。

■SENZ DINING+BAR/広島市南区的場町1-2-12[18:00~24:00]

jushi14.jpg












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1241-393b1c16